【速報】北海道新聞が情報漏洩|オフレコメモ、別の取材相手に

北海道を中心に約90万部を発行するブロック紙「北海道新聞」は13日、同編集局報道センターの記者(31)がオフレコの取材メモを第三者に漏らしていたことをあきらかにし、同日付朝刊で謝罪した。

道新によると、情報漏洩が発覚したのは12日。当該記者は今年3月から9月にかけ、北海道議会に関する取材メモの内容をLINEで別の取材先に提供していた。漏洩は複数回にわたるといい、同社は記者や編集局幹部を厳正に処分する方針。現在、社内で調査を続けているという。

同本社経営管理局は取材に対し、自社で報じた経緯以上の事実は現時点で公表を控えるとした上で、新たな事実が判明次第、適切に発表していくとしている。

【間瀬達哉報道局長のコメント】
「記者がオフレコの情報メモを外部に提供していたことは、情報源の秘匿という記者倫理の根幹に反する許されない行為で、報道機関として極めて深刻に受け止めています。関係者に多大なご迷惑をおかけし、読者との信頼関係を損ねたことを深くお詫びします。記者教育の徹底を図るとともに情報管理のあり方を見直し、再発防止に全力を挙げます」

報道センターに勤務する道新関係者の1人は「議員相手にメモを回してたんだとしたら、脇が甘すぎ。記者よりも政治家のほうが老獪と心得るべきだった。社内処分がどうなるかはわからないが、現場から外して内勤に異動させることになるのではないか」と話している。

(小笠原淳)

【小笠原 淳 (おがさわら・じゅん)】
ライター。1968年11月生まれ。99年「札幌タイムス」記者。2005年から月刊誌「北方ジャーナル」を中心に執筆。著書に、地元・北海道警察の未発表不祥事を掘り起こした『見えない不祥事――北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(リーダーズノート出版)がある。札幌市在住。
北方ジャーナル→こちらから

 



関連記事

注目したい記事

  1. 大阪維新の会が命運をかける「都構想」の住民投票が2日後に迫った。告示後に注目を集めたことで「賛成」が…
  2. 昨年7月に札幌で発生した首相演説ヤジ排除事件で、排除の被害に遭った市民が北海道警察を訴えた国家賠償訴…
  3. 大阪市を廃止して4つの特別区を設置するという、いわゆる「大阪都構想」の是非を問う住民投票が、11月1…
  4. 人里に出没したヒグマを駆除するため、警察と市役所に頼まれ出動した北海道猟友会砂川支部の支部長・池上治…
  5. 北海道・砂川市で10月上旬、地元裁判所の裁判官がヒグマ駆除の現場に足を運び、現地の地形などを調査した…




本日の記事

  1. 2020-10-30

    大阪維新・まやかしの都構想

    大阪維新の会が命運をかける「都構想」の住民投票が2日後に迫った。告示後に注目を集めたことで「賛成」が…

ページ上部へ戻る