編集長より最近の記事に関するお知らせ

2020-5-22

最近、読者から「福岡市政に関する記事が少ない」という不満の声が寄せられるようになった。

鹿児島県知事選挙を巡る記事が増えているのは確かで、今週、アクセス集中でサイトがパンクしそうになった自民党鹿児島県連の現金ばら撒き事件に関する記事も、その中の一つだった。
*自民党鹿児島県連現金ばらまきの記事・・・https://news-hunter.org/?p=1290

「ハンターは福岡市ネタから撤退か?」「本社移転か?」といった声が上がるのも無理はない。
だが、ご心配には及ばない。ハンターは次週から、福岡市が大型公共事業において業者との癒着がうかがえる業者選定を行ったり、市の発注した仕事で不正な業務を続けていた業者を見逃したりしていたことを掴んでおり、詳細を報じていく予定だ。

乞うご期待。

注目したい記事

  1. 人里に出没したヒグマを駆除するため、警察と市役所に頼まれ出動した北海道猟友会砂川支部の支部長・池上治…
  2. 北海道・砂川市で10月上旬、地元裁判所の裁判官がヒグマ駆除の現場に足を運び、現地の地形などを調査した…
  3. 権力が嫌うのは、昔も今も「言論」。かつて7年8カ月に渡る長期政権を築き、ノーベル平和賞まで受賞した佐…
  4. 折に触れ報告している「首相演説ヤジ排除問題」で、現場の警察官の排除行為を不起訴処分とした札幌地方検察…
  5. 北海道警察で違法な拳銃摘発捜査を続け、覚醒剤使用などで服役した経験を持つ元警部・稲葉圭昭さん(67)…




本日の記事

  1. 2020-10-28

    ヒグマ駆除の協力者を犯罪者に仕立てた砂川署と公安委|札幌地裁が異例の現地調査

    人里に出没したヒグマを駆除するため、警察と市役所に頼まれ出動した北海道猟友会砂川支部の支部長・池上治…

ページ上部へ戻る