タグ:ロシア

  • プリゴジンの反乱が照らし出すロシアの深い闇

    武器を持って起ち上がった場合、失敗すればその首謀者は極刑に処されるのが世の習いである。国家に対する明白な反逆であり、権力者は反逆者には死をもって報いるか終身刑に処すのが普通だ。けれども、ロシアではそうでもないようだ。不可…
  • 【コラム】ロシアの暗号は解読されているか

    ロシアと戦っているウクライナに対して、ドイツとアメリカが主力戦車を提供することを決めた。独米から、高速で走行しながら射撃姿勢をデジタル制御できるレオパルト2とエイブラムスがそれぞれ供与されるという。 密林が広がるベ…
  • 黒海艦隊の旗艦撃沈の意味が分からない記者たち

    ロシア黒海艦隊の旗艦である巡洋艦「モスクワ」が沈没した。ロシア側は14日、「火災が起きて弾薬が爆発し、曳航中に沈没した」と発表した。一方、ウクライナ側は「対艦ミサイルで攻撃し、沈めた」と公表した。 どちらの説明に説…
  • ロシアのウクライナ侵略戦争を利用する危険な政治家たち

    ロシアが仕掛けたウクライナへの侵略戦争に世界が揺れる中、日本国内の“危ない政治家”たちが、好き放題言いはじめた。 ■「核共有」でつながる安倍晋三、高市早苗、松井一郎 プーチンが核兵器の使用をちらつかせるや、危機感を煽…
  • 東北の蝦夷が歩んだ道は現代と未来につながる

    戦争とは、生身の人間が集団で殺し合うことである。兵士の数が多く、武器をたくさん持つ方が有利なことは言うまでもない。だが、それにも増して重要なことがある。 それは、戦いに身を投じる一人ひとりの人間が「この戦争は命をか…




注目したい記事

  1. 自民党の裏金事件を受けた政治資金規正法の改正案は6月5日に衆議院で採決が行われ、公明党と日本維新の会…
  2. 各種選挙において、聞こえはいいが実は公選法違反になりかねない「一本化」工作。腐敗した県警組織の問題で…
  3. 7月7日に投開票される東京都知事選。立憲民主党の蓮舫参議院議員が先行して出馬表明したが、現職の小池百…
  4.  鹿児島県警の警察官による「公益通報」が、2件立て続けに表面化した。1件目は井上昌一前刑事部長の不当…
  5.  「県民の信頼を取り戻す」「抜本的な対策を進める」――警察官による違法行為が明るみに出るたび繰り返さ…
LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る