タグ:マスク

  • 塀の中のコロナ対策 布マスク1枚/給付金に大騒ぎ

    「マスクは洗って使っています」、「工場が閉鎖になりました」、「一時給付金でお祭り騒ぎです」――。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、究極の閉鎖空間と言える刑務所から近況報告が届いた。 ■独居で「テレワーク」 筆者の…
  • 新型コロナで品薄のマスク 福岡市内でリヤカー販売登場

    ハンドソープ、消毒液、体温計――新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、次々に店頭から姿を消す対策グッズ。不良品混入でいつ届くか分からなくなった「アベノマスク」だが、ないはずの不織布マスクが、専門外の業者によって大量に売られ…
  • 新型コロナ対策で明暗 残念な福岡県、頑張る福岡市

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が緊急事態宣言を発令して8日。その対応を巡り、対象となった自治体の首長の動きが明暗を分かつ状況となっている。 ■「小池劇場」再演 東京オリンピック・パラリンピックの延期決定以降…
  • 「小さくて使えない」――布製マスクに嘆きの声  

    新型コロナウイルス感染予防のため、466億円もの予算をかけて全国の約5,000万世帯に対し、再利用可能な布製マスクが2枚配布される。政府はこれに先立ち、マスク不足が深刻な全国の医療機関や介護福祉施設に一定数の布製マスクを…




注目したい記事

  1. 今年4月の市長選で初当選した内藤佐和子氏が“史上最年少の女性市長”として注目を集める徳島市。ハンター…
  2. 先月28日、福岡県警が、久留米市に本社を置く建設会社「メンテック」の実質経営者・尾関正敏容疑者ら3人…
  3. 福岡県那珂川市が所有するテナントビルの賃貸借契約を巡り、特定事業者への便宜供与を疑われかねない実態が…
  4. 鹿児島県が港湾土木業者(マリコン)の団体「鹿児島県港湾漁港建設協会」と結んだ災害協定は、同団体加盟社…
  5. 構成員の名簿提出もないまま、鹿児島県とマリコン団体「鹿児島県港湾漁港建設協会」との間に結ばれた災害協…

本日の記事

  1. 2020-8-7

    動画再生回数に見る徳島・内藤市政への関心度

    今年4月の市長選で初当選した内藤佐和子氏が“史上最年少の女性市長”として注目を集める徳島市。ハンター…
  2. 2020-8-7

    逮捕された原口自民党福岡県連会長の“選対本部長”

    先月28日、福岡県警が、久留米市に本社を置く建設会社「メンテック」の実質経営者・尾関正敏容疑者ら3人…

ページ上部へ戻る