アーカイブ:2021年 11月 19日

  • 文通費問題で維新に突き刺さるブーメラン

    10月の総選挙で初当選した日本維新の会の小野泰輔衆院議員が、たった1日でも月額100万円が満額支払われる文書通信交通滞在費(以下文通費)について問題提起した。 すぐさま反応した大阪府の吉村洋文知事は、野村議員のツイ…




注目したい記事

  1. 昨年7月に発生し、死者27人、今も1人が行方不明という大惨事になった静岡県熱海市の土石流災害。同市は…
  2. 自分たちが作ったルールを無視してまで隠蔽に走らねばならない理由が、あったということだ。 官業癒…
  3.  性被害の訴えが出ていることを知りながら、なぜここまで女性の人権を踏みにじることができるのか――。鹿…
  4. 北海道立高等看護学院のパワーハラスメント問題で、教員のハラスメントを苦に自殺した学生の遺族が、当時の…
  5. 複数の教員によるパワーハラスメントが認定された北海道立江差高等看護学院で、本年度の新入学生が募集定員…

最新の記事

  1. 昨年7月に発生し、死者27人、今も1人が行方不明という大惨事になった静岡県熱海市の土石流災害。同市は…
  2. 自分たちが作ったルールを無視してまで隠蔽に走らねばならない理由が、あったということだ。 官業癒…
  3.  性被害の訴えが出ていることを知りながら、なぜここまで女性の人権を踏みにじることができるのか――。鹿…

ページ上部へ戻る