【速報】国民民主福岡・大田代表の政活費流用問題で議会事務局が事実確認を要求

国民民主党福岡県連代表の大田京子氏が県議会議員時代、夫の会社の家賃を政務活動費と政治資金で賄っていた問題で、福岡県議会の議会事務局が、大田氏本人と昨年5月まで大田氏が所属していた県議会会派「民主県政県議団」に対し、事実関係についての説明を求めていることが分かった。税金を原資とする政務活動費の私的流用が明らかであることから、会派側も大田氏本人に説明を求めている模様で、返還請求が視野に入る状況となった。

◇   ◇   ◇

大田氏の事務所は、福岡市南区の2階建て建物。令和2年12月末から夫の会社が1階部分を占有するようになっていたにもかかわらず、令和3年1月から大田氏が参院選出馬のため県会議員を辞職した昨年5月まで、同社の家賃を、政務活動費と自身の資金管理団体「大田京子後援会」の政治資金で賄っていた。

政務活動費の私的流用を指摘したハンターの取材に対し大田氏は、“大田京子後援会が夫の会社から毎月10万円づつ貰っており政治資金収支報告書に記載している”などと明言していたが、令和3年分の政治資金収支報告書を確認したところ、該当する収入の記載はなく、主張が完全に崩れた格好となっていた。

福岡県議会の議会事務局は13日、この問題についての対応を確認したハンターの記者に、大田氏本人には文書で、会派に対しては口頭で説明を求めたことを認めている。

大田氏を巡っては昨年10月、掲示期限(2022年10月30日(日)」が切れたポスターを市内各所に掲示していたことが発覚。違法性を指摘され「すぐに対応する」「(記事には)新しいものに貼り替えると書いて下さい」と答えながら、数日後には「2022年」だけをテープで隠すという脱法手法に方向転換し、「10月30日」が11年後の2033年まで来ないことを記事で指摘されると、今度は曜日を消すことでごまかすなど弥縫策を繰り返していた。

ハンターは昨年12月、国民民主党本部と同党福岡県連に大田氏の違法ポスター及び政務活動費に関する問題について、県議会会派「民主県政県議団」には政務活動費の流用問題について、それぞれ見解を問う質問書を送付したが、年末に返送されてきた国民民主党県連幹事長の回答は次のようなものだった。(*国民民主党本部と民主県政県議団は未回答)
《ポスター掲示についてですが、確かに認識の不十分さは否めません。早急にポスターの貼り直しを大田事務所にお願いをしました。政務活動費の流用の件ですが、ご承知のとおり政務活動費は会派に支給され支出について会派へ報告が義務付けられています。現在、内容について会派で調査していると聞いています。会派の正式見解を待って政治資金収支報告書に誤りがあれば厳正に処理していただくよう本人に求めます》

政務調査費の私的流用は犯罪行為。大田氏の対応次第で、刑事告発される可能性もある。

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 2017年1月、大阪府豊中市に設立予定だった学校法人森友学園の「瑞穂の國記念小學院」。国有地が8億円…
  2. テレビコメンテーターとして知られる国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫、三浦清志氏が経営する投資会社「トライ…
  3. 夫の会社の家賃を政務活動費と政治資金で按分支出していた国民民主党福岡県連代表の大田京子元県議に対し、…
  4. 5日に投開票が行われた北九州市長選挙で、自民、公明、立憲民主、国民民主の各党に加え、労働組合「連合」…
  5. 任期満了に伴う北九州市長選挙は5日、投開票が行われ、元厚生労働省官僚の無所属新人・武内和久氏(51)…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る