【2024東京都知事選】終盤戦、主要3候補の動向

7月7日に投開票される「首都決戦」東京都知事選挙。現職で3期目を狙う小池百合子知事に対して、立憲民主党は切り札の蓮舫氏を擁立、共産党も支持にまわった。ジョーカーとして期待が高まるのは、広島県安芸高田市長だった石丸伸二氏。この3人の戦いも終盤を迎えている。

■余裕の小池陣営

6月29日、30日とメディアの情勢調査が実施された。主な数字は次のようになっている。

小池氏は現職の強みを発揮して安定した戦いだ。平日は公務優先としながら、告知なく突然マイクを握るなど変幻自在。4月末に行われた東京15区衆院補選で乙武洋匡氏の応援時に「つばさの党」から妨害にあったことでかなり慎重になっている模様だ。

それでも、小池氏が演説をはじめると街ゆく人が足を止める。

自民党、公明党、都民ファーストといった支援組織は表に出ていないが、団体まわりにも余念がなく、手堅い選挙戦といえそうだ。6月24日に、八丈島まで遊説に出向いた小池氏が、途中で立ち寄ったのは公明党のポスターがある施設だった。小池氏が特別顧問を務める都民ファーストの会の都議がこう話す。

「蓮舫さんはさかんに『(小池に)討論会に出てきてほしい。3回も断っている』と挑発するが、こちらは王座防衛戦。しっかりと固めて行けば、おのずと結果が見えてくる。蓮舫さんが仕掛けてきても相手にしません。自民党が表に出ることもない。淡々と選挙戦をやっていくのが一番。怖いのは予期せぬ炎上です」

小池陣営は、投票率55%から58%で250万票前後は確実にとれるとみている。

■追い上げ図る蓮舫陣営

一方、小池氏の背中が見えそうで見えないのが蓮舫氏の陣営だ。選挙戦初日、JR中野駅前で街頭に立った蓮舫氏。確かに聴衆は集まるが足を止める人はわずか。小池氏や自民党の裏金事件を叩くのはいいが、すでに周知の話であり、聞いてみようとは感じないらしい。ただし、調査によっては5ポイント差まで詰めているものもある。

東京都では、小池氏が推進する神宮の森の木の伐採が大きなニュースになっている。蓮舫氏は「住民投票をしたい」と言っており、一定の共感は得ているようだ。「私は身を挺してでも止める」と言えば、さらに支持は増すだろう。陣営は必死の追い上げを図っている。

「実際に戦いがはじまって、小池氏との差は詰まっている実感はある。だが、まだまだ大きな壁を乗り越えるほどではない。うちの世論調査では6から8%差かな」(立憲民主党の選対幹部)

■3番手石丸氏の戦い

石丸氏は、連日、10回近くの街頭演説日程をSNSで公表。行く先々で、大勢の有権者が出迎える。しかし、思ったほどパンチ力はなく、石丸陣営の選対幹部も「もともとはゼロに近いものが一気に伸びてきた。ただ、勝ち負けにはならない。蓮舫さんにどこまで迫れるかがポイント」と素直に認める。

都知事選の討論会は2度実施された。石丸氏が伸ばすにはここがポイントだったが、最も「とんがっている」はずの石丸氏から、思ったほどの過激発言はなかった。「成長がない東京。小池知事、恥を知れ」と食って掛かるくらいの勢いがほしかったが……。石丸氏については、100万票の大台に乗せられるかどうかが注目点となるだろう。

ただ石丸氏が強い層は20代、30代、スマホが日常生活の中心になっている若者たちだ。2021年の参院選で、そこに強く訴えかけたのが、れいわ新撰組の山本太郎氏。参院選の東京選挙区では56万票、2020年の都知事選でも65万票をとっている。ただ、れいわの国会議員は「動くなら蓮舫さん側にでしょう。しかし、国会でもいろいろと立民ともめており、応援には行かないんじゃないかな」と冷静だ。

■れいわ・山本氏の動向は?

石丸氏の遊説を見ている人に取材すると「前は山本太郎さんに入れましたが今回は石丸さん。若い人の話をよく聞いてくれる」という声をけっこう耳にする。山本氏が強い若い世代の票が、石丸氏に流れる傾向にあるのは確かだ。

動員などなくとも、街頭で足を止めさせるだけの夢を語れることに定評がある山本氏。彼が普段なら選挙に関心がない若い世代を動かせば、当然、投票率もアップする。自民、公明の基礎票に頼る小池氏にとって、怖いのは投票率が60%を大きく超えてくることだ。

「うちの調査では小池が10ポイント程度勝っています。蓮舫さんに行きそうなところを、石丸さんがかなりとりそうな調査結果も出ている。投票率が60%以下に落ち着けば、小池が楽に勝つでしょう。確かに山本太郎さんが蓮舫さんの支援に入ると、どうなるかよめなくなりますが」(自民党幹部)

立憲民主党の選対幹部は「山本氏が応援に来てくれれば、投票率も上がり5万から10万の上積みが十分に期待できます。しかしね……」――それ以上の言葉が出なかった。

小池氏リードの中、最後のゲームチェンジャー、山本氏はどう出るのか?

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1.  2023年2月に鹿児島県霧島市で起きたクリーニング店で働く20代の女性に対するストーカー事件。霧島…
  2. 今年3月、兵庫県の前西播磨県民局長W氏が斎藤元彦知事のパワハラ、公職選挙法違反、贈収賄などの疑惑を内…
  3. 2023年2月に鹿児島県霧島市で起きたクリーニング店で働く20代の女性に対するストーカー事件。鹿児島…
  4.  「警察官のストーカー被害にあった女性が、再三にわたり県警本部に事件の詳細な説明と謝罪を求めています…
  5. 今月11日、ハンターに鹿児島県警の内部情報である犯歴や告訴告発事件処理簿一覧表を渡したとして守秘義務…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る