内定者120人置き去り―給与未払いも発生―整骨院大手「MJG」でトラブル 

全国に約180もの整骨院をチェーン展開する「MJG(メディカルジャパングループ)」(本社・東京都)で従業員への給与未払いが発生。120名に上る採用内定者の処遇についても放置していることが、一部報道やSNSを通じて明らかとなった。

このトラブルは2日、衆議院消費者特別委員会でも取り上げられており、多くの従業員が早期の救済措置を求めているという。

同社が九州で展開するのは、福岡県内の5つの整骨院。福岡市城南区の店舗では新型コロナウイルス感染予防を理由に、今月1日から臨時休業する旨の掲示が確認されている。

同グループの経営陣とは連絡が付かず、従業員の退職手続きもままならない状況。120名の採用内定者に対しては、「東京がコロナの影響で都市封鎖された」との虚偽の説明を記した文書で、4月1日に予定されていた入社式の延期を通知していた。

約1,000名の従業員(同社ホームページより)と、就職内定者120名が今月から露頭に迷う形となっている。

 

3日午前、福岡市内にある複数の店舗に電話を入れてみたが、つながりはするもののコールのみ。福岡市城南区長尾のMJG整体院福岡長尾院を訪れたところ、入り口に臨時休業を告げる張り紙があり、「新型コロナウイルス感染予防を理由に、臨時休業する」という主旨の説明が記されていた。休業は4月1日からとなっており、再開時期については記載されていない。

同社は2011年に現代表が1軒の小さな整骨院を開業したのが始まり。わずか8年で全国に180店舗を展開するまでに成長していた。

+1
この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 衆議院議員の任期切れまであと約6か月。いつ解散総選挙になってもおかしくない時期にきているが、与党・自…
  2. 政財界のフィクサーとして知られる矢島義也氏が会長を務めるコンサルタント会社「大樹総研」が、新型コロナ…
  3. 国税当局による刑事告発や重加算税をゼロに――と謳った凄いサイト「国税査察専門安心」をネット上に公開し…
  4. 4月25日、元法相夫妻の公職選挙法違反事件で揺れる広島で、河井案里氏の議員辞職に伴う参院広島選挙区再…
  5. 「看護師になるための実習は、一般の人たちが考えている以上に厳しく、大変なものです」。ある現役看護師は…




最新の記事

  1. 衆議院議員の任期切れまであと約6か月。いつ解散総選挙になってもおかしくない時期にきているが、与党・自…
  2. 政財界のフィクサーとして知られる矢島義也氏が会長を務めるコンサルタント会社「大樹総研」が、新型コロナ…
  3. 国税当局による刑事告発や重加算税をゼロに――と謳った凄いサイト「国税査察専門安心」をネット上に公開し…

ページ上部へ戻る