派閥裏金事件で注目される二階氏と世耕氏の動き|和歌山県政界関係者の反応は?

自民党の安倍派、二階派の政治資金パーティーを巡る政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部の捜査が進む中、安倍派に続き二階派の議員に対する事情聴取もはじまった模様だ。改めて、和歌山を地盤とする二階俊博元自民党幹事長と、やはり和歌山県選出で安倍派5人衆の一人、世耕弘成前参院幹事長周辺の動きを追った。

■早かった二階氏の動き

「うち(二階派)の議員の秘書や会計責任者が次々と呼び出されている。都内のホテルでは、事務総長の経験者など議員本人に事情聴取が行われたと聞いている。ただ、安倍派は5年間で5億円を政治資金収支報告書に不記載、うちは1億円で金額が少ない。またキックバック分は一部を派閥の裏金にして残りを戻していたが、政治資金収支報告書に出入りの記載をしていた。安倍派イコール悪のような報道が続いており、助かっているというのが実情だ」(二階派の国会議員)

しかし、安倍派は派閥の会長が空席となっているのに対し、二階派は二階元幹事長が健在。当然、特捜部の狙いは派閥トップの二階氏の「指示」と「了承」の有無だ。捜査の展開次第では、特捜部も二階氏から事情聴取となる可能性さえある。

二階派の事務総長は、この5年間で平沢勝栄元復興相、山口壮元環境相そして武田良太元総務相が務めてきた。特捜部にとって、最も手ごわいのは平沢氏だろう。警察庁のキャリア官僚から政界に転身した平沢氏は、大臣の座につくまで時間を要したが、“カミソリ”と異名をとった後藤田正晴元官房長官の秘書官まで務めた人物。捜査機関の手の内を知り抜いているだけに、逃げ道、抜け穴は承知しているはずだ。前出の二階派議員が、予防線を張る。

「事務総長の武田さんは適当な性格。山口さんは切れ者だがしゃべりすぎる。経験豊富な平沢さんが盾になって、二階会長の聴取は止めてくれるものと期待している。二階会長も体調が心配されているので、取り調べとなれば何を言いだすのかわからない。それにパーティーの収支とか細かなことはまったく知らないと思う。というか、興味がない。そんな方に聞いても意味がないでしょう、特捜部も」

体調不良が心配されるな二階氏だが、特捜部の家宅捜索に対する動きは早かった。二階氏の地元、和歌山県の自民党県議がこう話す。
「二階先生の事務所では、毎年1月3日くらいに県内の首長、議長クラス、県議らが集まって新年の挨拶があります。しかし、今回それをすぐさま中止にした。そして自民党和歌山県連が1月6日に予定していた年賀会もキャンセルしている。どちらも政治資金規正法にあるような政治資金パーティーではなく、単なる新年の顔見せ。毎年恒例となっているものだが、二階先生が来るとマスコミも殺到するという理由で取りやめたそうだ。だけど、会合の中止で一番助かっているのは疑惑が深い世耕さんだろう。二階先生に足を向けて寝れないよ」

■四面楚歌の世耕氏

安倍派5人衆の一人、世耕前参院幹事長は、キックバックの額が1,000万円超とされ、窮地に陥っている。参院和歌山選挙区で5期連続当選を果たしてきた世耕氏は、これまで何度も衆議院転出を噂され、その度に二階氏に阻まれてきた。今年4月に行われた和歌山1区の衆院補選では選対本部長を務めたが、日本維新の会の候補に惨敗したことで、すっかり影が薄くなっていた。

「世耕さんは、参院幹事長が絶頂期ではなかったのかな。しかし、もう終わりでしょう。参議院5期ですよ。6期も7期も参議院議員をやるなんてあり得ない。今回の裏金疑惑で、衆議院への転出は吹っ飛んだ。それどころか、政治生命そのものの危機だ」(前出・自民党県議)

安倍派では、参議院選挙がある年に限り、議員が売ったパーティー券を全額キックバックしていたという。一連の収支は、政治資金収支報告書にまったく記載されていない。世耕氏の5期目の当選は、2019年なので直近の5年前に入ってくる。そうなると、政治資金収支報告書への不記載額が、1,000万円どころでないことは一目瞭然だ。

一方、世耕氏のライバルとされてきた鶴保庸介元沖縄北方対策担当相は一連の疑惑で名前すら浮上していない。前出の二階派議員が、鶴保氏のことを次のように話す。
「カネ集めが下手で、いつも派閥のパーティーで自腹を切っている。鶴保さんは、よく『自分のパーティーで集めたカネが派閥のパーティーで消えていく。閣僚になったばかりにノルマが300枚とか途方もない数になって、どうにもならない』と愚痴っていた」

世耕氏は、安倍派で現在の地位を築くためだったのか、ノルマをかなり上回る枚数をさばいていたという。それどころか“子分”とされる議員にも、パーティー券の販売先を紹介するなどして面倒を見ていた。派閥会長の椅子を虎視眈々と狙っていた証拠だ。雑誌「月刊Hanada」2024年2月号のインタビュー記事では、「いずれは国の舵取りをしたい」と総理大臣への意欲を燃やしていた。

繰り返すが世耕氏は参議院議員であり、総理総裁になるにはまず衆議院への転出が前提だ。参議院本会議で支持率低迷の岸田文雄首相に対し「支持率が向上しない最大の原因は、国民が期待するリーダーとしての姿が示せていないことに尽きる」「首相の決断と言葉に、弱さを感じざるを得ない」と厳しく批判していた世耕氏は、いまどのような思いで特捜部の動きをみているのだろう。

「“安倍派の参議院議員は全員アウトじゃないか”といった声もあがる状況です。刑事的な訴追がなくても、道義的な責任をとってバッジを外すしかないという意味です。世耕さんはそれでも権力にしがみつきたいようで、安倍派を出て派閥を結成するという話が出ています。ですが、誰もついていきませんよ」(安倍派の議員)

前出の和歌山県議も「二階先生は疑惑が浮上してすぐに対応しているのに、世耕さんは地元に対してなんも説明もしていない。鶴保氏さんが、『パーティー券が売れないので情けない』と電話をしまくっていたのとは対照的だ。世耕さんが衆議院議員に転身して総理大臣、なんてことは夢物語でしょう」と突き放す。

世耕氏は、参議院議員であると同時に、日本有数のマンモス学校法人「近畿大学」の理事長も務めてきた。つまり教育者でということだ。近畿大学労働組合はX(旧ツイッター)で、《本日、学校法人近畿大学に対し、世耕弘成理事長の辞任等を求める団体交渉要求書を提出しました》《現時点で理事長が辞任する予定はないし、この件について理事会も開いていない、とのこと》と投稿し、世耕氏を批判する姿勢を鮮明にしている。

壊滅に向けて進む安倍派の現状と、身動きできない世耕氏の姿が重なる。

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1.  先月27日、鹿児島県医師会が会見を開き、会見に臨んだ立元千帆常任理事と大西浩之副会長が、2021年…
  2. 北海道・旭川で女子高校生が川に落とされ亡くなった事件で、『週刊文春』に加害者女性との不倫疑惑を報じら…
  3. 昨年4月の町長選で2期目の当選を果たした福岡県糸田町の森下博輝町長が、町の選挙管理委員会に提出した選…
  4. 注目された東京都知事選は、現職で3期目を目指した小池百合子氏が早々に「当確」。広島県安芸高田市長だっ…
  5. 小池百合子氏が3選を決めた東京都知事選が終わり、次の政治課題に注目が集まり出した永田町。「ポスト岸田…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る