【速報】鹿児島県知事に塩田康一氏|自公推薦・三反園氏の再選阻む

任期満了に伴う鹿児島県知事選挙は12日、投開票が行われ、即日開票の結果無所属新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)=無所属=が現職で2期目を目指した三反園訓氏(62)=自民・公明推薦=や元職の伊藤祐一郎氏(72)=無所属=を破り、初当選を確実にした。

塩田氏は鹿児島市出身。地元のラ・サール高校から東大法学部に進み、卒業後に通商産業省(現・経済産業相)入省。大蔵省(現・財務省)、自治省(現・総務省)、外務省などに出向してキャリアを重ね、内閣府本府地方創生推進室次長、大臣官房審議官(産業保安担当)などを歴任した後、平成30年から九州経済産業局長を務めていた。

昨年12月に同省を退職して県知事選への出馬を表明。年明けから友人、知人ら数人で活動を開始し、役人時代から培った人脈を生かして県内全域に足を運んでいた。

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発出され、著しく政治活動が制限されるという不利な状況にも陥ったが、各地の支持者が草の根的な運動を展開。知名度不足を懸念する向きもあったが、「名前は知らないけど若い人」「経済なんとか省の人」といったプラス評価を、告示前になって「しおた」支持へと取り込むことに成功し、勝利に結びつけた。

選挙前、ラ・サールOBつながりで伊藤元知事との一本化を模索する動きもあったが、激しさを増す工作に塩田氏自身が激怒。「降りるなら無条件でさっさと降りる。だが、私は降りない」という一徹な姿勢で周囲を振り切り、勝ち切った。

当日の選挙人名簿登録者数(有権者数)は1,357,073人(男631,588人、女725,485人)。午後8時現在の開票率は0%。

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 今夏の参議院議員選挙に出馬して落選した国民民主党福岡県連の大田京子代表が、違法ポスター問題で醜態を演…
  2. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  3. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  4. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  5.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る