遺品整理で見つかった故人の叫び~騙された連帯保証~

金の貸し借りで騙されたとして、トラブルが表面化することはよくあることだが、騙されたことを本人が誰にも告げず墓場まで持っていき、死後の遺品整理で家族が知ることになったという悲劇を聞いた。「これが本当なら、親父に申し訳ない。本当の苦労をわかってやれなかった」――そう語るのは、故人の子息。今からでも法的に闘えないものかと弁護士に相談するという。

 

遺品整理が悲劇の始まり

鹿児島県内で自動車関連の会社を経営していたAさん。高度経済成長の波に乗り、小さいながらも創業から順調に会社の業績は拡大し、個人的にも財をなしていた。
取引はなかったものの、Aさんの近所に住む建設会社社長Bさんとは数十年来の親交があった。
建設会社は業績の波が大きな業種。経営が苦しい時もあった。Bさんは支払いが苦しいときにAさん個人から金を借りて、資金繰りを行うようになった。そんなやりとりが何度もあったという。
それほど関係が続いたことを考えれば、Bさんは借りた金は返していたと思われるし、返済されなければ、追加で貸すほどAさんもお人好しではない。
ある日の出来事を最後に両者の関係は途絶えた。これがAさんにとっての悲劇だったのだ。

 

今から30年前、Bさんが銀行から融資を受けたいとして、Aさんに連帯保証を申し出る。
融資希望額は1億6000万円。Bさん一族も連帯保証人となることから、Aさんはサインをした。融資は満額実行された。
しかし、1年もしないうちにBさんの会社は倒産。Bさん一族は自己破産し、連帯保証していたAさん一人に債務が回ってきた。
Aさんはそれまで築いた資産を切り崩し、1億6000万円を弁済した。会社の業績も傾き、Aさんの失敗は社内でも責められるものとなった。

社員も親族も把握している内容は上述の通りだった。

故人となったAさんの手記を見つけるまでは。

最近になってAさんの子息が遺品整理の際に、Aさんの残した手記を発見する。
そこには、Aさん本人から聞いたことがない話が書かれていた。例の連帯保証の話だ。

手記をもとに当時を再現する。

Bさんの調達したい金額は2000万円という話だった。「それぐらいなら」とAさんは金銭貸借契約書にサインしたが、金額の欄は空欄。
「後で(2000万円と)記入する」と説明を受け、印鑑を付き、Bさんの会社は銀行から融資を受けることができた。ほどなくBさんの建設会社は倒産する。
「連帯保証したのは間違いない。2000万円は払うほかない」――Aさんはそう覚悟したが、裁判所から届いた通知に書かれた金額に目を疑った。Bさんの会社が融資を受けた金額は「1億6000万円」だった。
Aさんのサインの後、空欄だった金額欄に書き込まれたか。騙されたとはいえ、契約書を確認しなかったAさんは自分を責めた。銀行に相談にも行ったが、相手にされず。結局、連帯保証をしていたBさん一族数名も破産しており、弁済能力は無し。Aさん個人がこれまで蓄えた資産を返済に充てるほかなかった。
Aさんは親族の誰にも、自分の失敗を相談できず、1億6000万円を弁済した。

 

法的には難しい問題だが・・・

Aさんの手記には、無念の思いが詰まっている。遺品整理で子息が発見し、絶句した。「まさかこれが事実だったのか。なぜ黙っていたのか」――これをどこかに訴えても、すでに全額弁済しており、過去の話と切り捨てられるだろうが、無念は晴らしたい。何か手段がないものか、弁護士に相談している。



関連記事

注目したい記事

  1. 8年近くに及んだ安倍晋三政権が唐突に終わり、官房長官として「一強」を演出してきた菅義偉氏が第99代内…
  2. 一般女性に暴力をふるうなどして強制わいせつ未遂で起訴された北海道警察・函館西警察署の元巡査部長(41…
  3. 今年7月に行われた鹿児島県知事選挙で落選した三反園訓前知事(62)が、衆議院鹿児島2区に重点を置いた…
  4. 「事故を収束させるために行ったのに、なぜあんなことを言われなくてはならないのか……」――札幌地方裁判…
  5. 2015年5月、西日本新聞の朝刊に、福岡県警が贈賄容疑で元立花町議会議員を逮捕したことを報じる記事が…




本日の記事

  1. 2020-9-30

    米大統領選、トランプかバイデンか|元外国特派員協会会長インタビュー(上)

    8年近くに及んだ安倍晋三政権が唐突に終わり、官房長官として「一強」を演出してきた菅義偉氏が第99代内…

ページ上部へ戻る