福岡5区を揺るがす「私の決意」

衆議院議員の任期切れまであと約6か月。いつ解散総選挙になってもおかしくない時期にきているが、与党・自民党で候補者調整に手間取っている選挙区がいくつかある。

最大の注目区は山口3区。現職は幹事長派閥である二階派の重鎮・河村健夫元官房長官だが、元文科相の林芳正参院議員が鞍替えを目指して住民票を同区内に移すなど、自民分裂の可能性が高まっている。

福岡県にも大臣経験者に挑戦状を叩きつけた県会議員がおり、こちらも分裂必至。その県会議員が2月、「福岡5区」の関係者などに『私の決意』と題する一文を記した葉書を発送していた。

挑戦状ともいえる「私の決意」を発送したのは、自民党県議団所属で議長も経験している栗原渉県議(55)。福岡5区の現職は当選8回のベテラン原田義昭元環境相(76)だが、党本部の調整にも応じようとしない栗原氏は無所属でも出馬する構えだ。

保守分裂は確実な情勢となっているが、5区で最大の集票力を誇るといわれる福岡県農政連は先月、栗原氏の推薦を決めている。「私の決意」は、揺るぎそうにない。

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 松井一郎代表が辞任を表明した日本維新の会が8月14日に代表選挙を告示し、足立康史国会議員団政調会長、…
  2. 愛知県の大村秀章知事に、旧統一教会(現在の世界平和統一家庭連合)と親密な関係にあるのではないかという…
  3. 安倍晋三元首相の銃撃事件でクローズアップされることになった旧統一教会(世界平和統一家庭連合)。かつて…
  4.  岸田文雄首相は10日、自民党の党役員人事と内閣改造に着手。党の骨格や主要閣僚は残留させたが、旧統一…
  5. 関西電力の元会長や元社長ら幹部9人が原発が立地する福井県高浜町の元助役(故人)から多額の現金などを受…





ページ上部へ戻る