千葉5区補選で注目される「令和のハマコー」

昨年12月、自民党の薗浦健太郎前衆議院議員が公職選挙法違反の罪で略式起訴され、東京簡易裁判所から罰金100万円、公民権停止3年の処分を受けた。政治資金パーティーの収入を政治資金収支報告書に記載せず裏金化していたという「政治とカネ」の問題だった。薗浦氏が議員バッジを失ったことで今年4月、衆議院千葉5区の補欠選挙が行われる。山口、和歌山など全国で衆参五つある補選の一つだ。

■英利アルフィヤ氏擁立の裏

河井克行・案里夫妻や菅原一秀元経産相の公職選挙法違反事件では、「みぞぎ」に代える形で補欠選挙の候補擁立を見送った自民党。だが千葉5区には、公募の結果などから英利アルフィヤ氏(34)の擁立を決めた。

中国・ウイグル自治区出身の父親を持つ英利氏は、国連や日本銀行の職員も経験している才媛。昨夏の参議院選挙に自民党の比例区候補として立候補し、落選していた。

参院選に英利氏を引っ張り出したのは河野太郎デジタル担当相。英利氏は河野氏の地盤である神奈川県と縁が深い。それが千葉5区からの出馬。自民党内からも訝しがる声が上がる人選だったが、背後には、麻生太郎副総裁の思惑があるという。

2月の北九州市長選では劣勢が伝えられながらも側近の武内和久氏を当選させた麻生氏。千葉5区選出だった薗浦氏は、麻生氏の大臣秘書官を務めた側近だった。前述したとおり、薗浦氏は公民権停止3年が確定しており、当面選挙には出馬できない。麻生派の国会議員が、こう打ち明ける。
「麻生先生は、何とか側近の薗浦氏を復活させてやりたい。補欠選挙での不戦敗も視野にあったが、そうなれば自民党の票や支持団体が野党に流れかねない。そこで、薗浦氏の公民権停止が明けるまでの“つなぎ”として英利氏が浮上したのです」

しかし、英利氏が先に衆議院議員のバッジをつけると薗浦氏は行き場がなくなる。そのための対策まで考えてあるというのだ。
「千葉の自民党の参議院議員は石井準一氏と猪口邦子氏の2人。猪口氏は年齢が70歳を超え、そろそろお役御免かという話が所属している麻生派でも出ています。まず、英利氏には衆議院議員に出馬させ、落選しても猪口氏が辞めれば参議院議員へ鞍替え。次に薗浦氏を元の千葉5区に、というのが麻生先生の考えではないでしょうか。英利氏なら、河野氏から話をさせればなんでも言うことを聞くだろう、猪口氏も麻生派だからコントロールできる、ということ」(前出・麻生派の国会議員)

■注目される「令和のハマコー」

だが、そう簡単に事が運ぶとは思えない。千葉5区は浦安市と市川市の一部が選挙区だ。多くの住民が、毎日東京に通勤する「千葉都民」と呼ばれる地域。薗浦氏の過去の選挙を見ても、旧民主党が強い時代には3度続けて落選するなど、自民党が優勢という地域ではない。

そこでカギを握るのが石井氏だという。石井氏はハマコーこと浜田幸一氏の秘書から千葉県議を経て参議院議員3期。現在は参院自民党の幹事長代理などを務ており、茂木派に所属する。

2021年の千葉県知事選で自民党は県議だった関政幸氏を推薦したが、石井氏は熊谷俊人知事を支援して分裂選挙となり、熊谷氏が圧勝した。自民党のある千葉県議が次のように話す。
「県民の人気が高い熊谷氏が優勢とみて、石井は党の意向を無視して熊谷氏支援に切り替えた。石井は千葉県議会で実質的には派閥のような千葉政経懇話会という会派を率いているので、あっという間に熊谷氏支援が増えてしまった。選挙後、県連で石井に処分をとの声が高まったが、石井のグループが反発して、結局は処分なし。恩師であるハマコーばりの強面で、千葉のドンだの令和のハマコーだのと呼ぶ人もいる」

石井氏自身も「党本部は処分はないと言っている。県連が俺に何をするつもりだ。やれるもんならやってみろ」と、初代ハマコー氏を彷彿とさせる迫力で反論したという。昨年秋、旧統一教会問題で閣僚の山際大志郎氏が崖っぷちに立たされた際、石井氏は、「瀬戸際大臣の野党は首をとれないのか」と暴言を吐いたことでも知られる。

千葉5区の補欠選挙は、立憲民主党が前県議の矢崎堅太郎氏、維新が前回衆院選に茨城3区で出馬した岸野智康氏、共産が元衆議院議員の斉藤和子氏、国民民主党が浦安市議の岡野純子氏の擁立を決めており、候補者乱立の様相だ。前出の自民党の県議が、
「麻生先生が英利さんを本当に勝たせようというなら、石井と先に話をつけておかないといけない。ただし、石井は茂木派だから茂木幹事長に話しておけば大丈夫だろう、などと考えるのは早計で、奴はそんなタ甘ちゃんじゃない。県連会長はハマコーさんの息子の浜田靖一防衛相だから、よけいに言うことは聞かない。仮に英利さんが当選した場合の筋書きでも、猪口氏が参議院議員を辞めるなんてことに、本当になるのか?そして、薗浦がそう簡単に復活できるのか?それこそ石井が口を挟めばどうなるかわかりません。石井は利権大好きで知られる人物。“党より利権”と陰口をたたかれるほどです。千葉5区で野党が勝った方が利権になると思えば、そっちに走る。それは千葉県知事選でも実証済みですからね」

令和のハマコー・石井氏はどう動くのだろうか――。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1.  知人間のトラブル処理にあたった福岡県警田川署が、親の承諾を得ずに関係のない5歳女児の服をめくって身…
  2. 自民党の裏金事件で、離党勧告の処分を受けた世耕弘成前参院自民党幹事長。当初は党員資格停止か次期選挙で…
  3. 4月2日、静岡県の川勝平太知事が辞職を表明した。1日に県庁内で「県庁はシンクタンク。野菜を売ったり、…
  4. 自民党は今月4日、党紀委員会を開催し、裏金議員に対する処分を決めた。今年1月に東京地検特捜部が乗り出…
  5. 医師会長選挙への影響を最小限にとどめるため事件の矮小化を図ろうとした鹿児島県医師会の池田琢哉会長周辺…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る