【続報】東京地検特捜部、遠山清彦元公明党衆院議員の関係先にも家宅捜索

4日午後、東京地検特捜部が、遠山清彦元公明党衆議院議員が設立した会社や遠山氏の福岡市の自宅などの家宅捜索に入ったことが分かった。

特捜部は、同党の吉田宣弘(九州ブロック)・太田昌孝(北陸信越ブロック)両衆院議員の議員会館の事務所でも家宅捜索を行っており、同じ容疑によるものとみられている。

遠山氏を巡っては、今年1月、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急事態宣言中に、銀座のクラブで飲食していたことが発覚。その後、ハンターの報道で政治団体の資金から複数のキャバクラ代を支出していたことが分かり、議員辞職に追い込まれていた。

同氏は議員辞職後の3月、自身が代表を務めるコンサルタント会社を設立し千代田区内のビルに本社を構えており、特捜部は同所と遠山氏の福岡市内の自宅に家宅捜索を行っている。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 5月26日に投開票される静岡県知事選挙には6人が立候補しているが、前浜松市長で立憲民主党と国民民主党…
  2. 2023年1月、大阪湾・淀川に迷い込み、亡くなったマッコウクジラ。「淀ちゃん」とニックネームがつけら…
  3. 昨年、福岡県大任町はハンターとの裁判に負け、それまで隠していた2017年度から2021年6月までの公…
  4.  今年3月の中旬頃から、田川市・郡の“し尿処理”に関する取材依頼や情報提供が次々に寄せられるようにな…
  5. 通常国会の会期末まで約1か月。「解散総選挙に踏み切るのではないか」とみられていた岸田文雄首相が、方向…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る