鳩山二郎衆院議員の自民支部、暴力団親交者の企業から政治資金

自民党の鳩山二郎衆議院議員(福岡6区・当選3回)が代表を務める「自由民主党福岡県衆議院支部」が、暴力団親交者の会社から政治資金を得ていたことが分かった。

◇  ◇  ◇

福岡県選挙管理委員会に提出された政治資金収支報告書によれば、久留米市に本社を置いていた土木工事業「滉王(ひろたか)株式会社」が、同支部が開催した政治資金パーティーのパーティー券を、平成29年(2017年)に60万円、平成30年に30万円分購入していた。(*下が収支報告書の該当ページ)

 滉王については福岡県警が昨年5月、代表者らを建設業法違反(虚偽申請)容疑で逮捕し、翌月には同社の元会長を暴力団親交者と認定し県内の自治体に通告していた。同社はその後、事業停止に追い込まれている。
(*下は、九州地方整備局の発表資料)

滉王と政治家の関係を巡っては昨年7月、週刊新潮の報道で、相模原市の本村賢太郎市長が暴力団親交者とされた同社の元会長から個人献金を、元会長の会社からは政治資金パーティーのパーティ券購入の形で政治資金の提供を受けていたことが判明。報道を受けた本村市長は、滉王からの政治資金全額を返還すると表明していた。

6日、鳩山氏の自民支部が滉王からの政治資金90万円を返金した記録がなかったため同支部の会計責任者に確認を求めたところ、「週刊誌報道を受けて返金する方法を検討したが、相手側の会社が無くなっていたため返金できていない」と話している。

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 今夏の参議院議員選挙に出馬して落選した国民民主党福岡県連の大田京子代表が、違法ポスター問題で醜態を演…
  2. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  3. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  4. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  5.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る