不正随契の兵庫県立淡路医療センターに重大疑惑(1)|「入札あった」と仰天情報

淡路島の公立中核病院「兵庫県立淡路医療センター」で行われた物品の不正調達は、30台のノートパソコンを、方針決裁を得ぬまま納品させるという乱暴な手口だった。実際の決裁は、納品から16日後という公的機関の調達では考えられない事後承諾。県立病院を所管する兵庫県病院局経営課も「不正調達」を認め、調査に入るとしている。

医療の最前線で行われた前代未聞の物品調達は、新型コロナウイルスの感染拡大を理由にした悪質なもの。「単なるミス」では、もちろんない。しかし最大の問題はここからで、淡路医療センターのパソコン調達を巡って、とんでもない情報が飛び込んでくる。

■疑惑の随意契約

確認しておきたいのは、問題となっているノートパソコン30台の調達が、「随意契約」によって行われたということ。県への情報公開請求で入手した決裁文書を再掲するが、随意契約の理由が綴られているのがわかる。

 令和2年度から3年度にかけて淡路医療センターが行った医療機器と薬品を除く調達の契約は5件。そのいずれもが随契で、パソコン購入はそのうちの1件だ。実は問題のパソコン購入の決裁文書だけが異質で、用紙は「兵庫県立淡路医療センター」のもの、他の調達の決栽は「兵庫県」の様式に従っていた。下は、兵庫県様式による3件の決裁文書である。

随契の根拠も違っており、パソコン購入契約だけが「地方公営企業法施行令」であるのに対し、他の契約はすべて「県立病院随意契約取扱要領」。兵庫県の様式を使った他の4件の決済には「契約書」あるいは「請書」が添付されていたが、パソコン調達においては、決裁時に最も重要であるはずの「契約書」が添付さられていなかった。情報公開でも不存在となっていることから、契約書は作成されていないものとみられる。病院とはいえ、役所の出先で、契約書なしの物品購入が容認されるはずがない。

さらに、パソコン調達の決裁文書には他の決裁書にある「検査員」についての記述もないことから、“本当にパソコンを購入したのか”という疑念も生じる。すべてが怪しいということだ。

■「入札実施」の仰天情報

では、パソコン調達は、本当に随意契約にしなければならない状況だったのか――?淡路島周辺で話を聞く中、複数の関係者からとんでもない話が飛び出した。「入札に参加した会社がある」というのである。

取材を進めてたどり着いたある業者は、随契の決裁文書を見て息をのんだ。「そんなばかな。うちは入札通知を受け、指示通りに入札書を郵送したんです。入札結果も知らされました。随契であるわけがない」――。

その業者は病院側を信じたかったのだろう。何度聞いても詳しい話はできないという。記者はやむなく、淡路医療センターの情報公開担当職員に確認を求めた。

(つづく)

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 2017年1月、大阪府豊中市に設立予定だった学校法人森友学園の「瑞穂の國記念小學院」。国有地が8億円…
  2. テレビコメンテーターとして知られる国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫、三浦清志氏が経営する投資会社「トライ…
  3. 夫の会社の家賃を政務活動費と政治資金で按分支出していた国民民主党福岡県連代表の大田京子元県議に対し、…
  4. 5日に投開票が行われた北九州市長選挙で、自民、公明、立憲民主、国民民主の各党に加え、労働組合「連合」…
  5. 任期満了に伴う北九州市長選挙は5日、投開票が行われ、元厚生労働省官僚の無所属新人・武内和久氏(51)…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る