【速報】田川市、疑惑のプロポーザルで業者名非開示処分を取り消し|審議会が「開示すべき」の答申

福岡県田川市(二場公人市長)が昨年5月に実施したごみ収集業者の業者選定に関する疑惑を巡り、実際の受注業者名を非開示にした同市の処分は不当とするハンターの審査請求を受けた市情報公開・個人情報保護審議会が、「開示すべき」と答申。市は10日付けで非開示処分を取り消す裁決を下し、事実上の隠ぺいを認めた形となった。

◇  ◇  ◇

正当性が疑われている問題の事業は、「田川市一般廃棄物(ごみ)収集運搬業務委託」。A工区(市内西側の可燃ごみ)、B工区(市内東側の可燃ごみ)、C工区(市内東側の可燃ごみ)に分けて業務委託されるもので、今年4月からの実施に向けて昨年5月にプロポーザル方式での業者選定が行われていた。

選定が進められたA、B、C三つの工区のうち、A、B両工区で第一位となった業者がA工区の受注を辞退。C工区の一位企業も、辞退届を出すという異例の事態に。ハンターの取材で、別々の3社が仕事を分け合う形で契約が結ばれていたことが明らかとなったが、市は契約結果を隠し、ハンターが昨年8月に情報公開請求した3社との契約書のうち、選定下位の繰り上げ契約業者名だけを黒塗り非開示にしていた。

ハンターは昨年9月、非開示を不服として田川市に審査請求、市が12月に情報公開・個人情報保護審議会に諮問し、審議が続けられていた。

同審議会は、市が契約業者名を非開示としたことについて、「優先交渉権第1位の業者が当該権利を辞退した本件の場合、本市は優先交渉権第2位の業者と契約の協議を行うこととなり、実質的には、優先交渉権第2位の業者が最も優先的に同業務の契約交渉を行うことができる業者となっている」と指摘。公表という条件については同様で、「契約業者名を開示することにより支障が生じる」とした市の判断を否定した。その上で、契約に至った業者名だけは開示すべきと結論付けている。

官業癒着が疑われるプロポーザルの実態を隠蔽した田川市長の非開示処分を、市長自らが取り消すという異例の事態だ。

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 今夏の参議院議員選挙に出馬して落選した国民民主党福岡県連の大田京子代表が、違法ポスター問題で醜態を演…
  2. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  3. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  4. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  5.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る