【速報】自民党鹿児島県連”買収”疑いの30万円 複数の県議ら返金

自民党鹿児島県支部連合会(会長・森山裕国会対策委員長。以下、県連)が、7月の県知事選挙に向けて推薦を決めた三反園訓氏側からの支援要請に合わせ、現金30万円が入った封筒を所属県議37名に配っていた問題で、複数の議員が問題の30万円を県連に返していたことが分かった。

現金供与が行われたのは今月の8日。県連内の一室に集められた所属県議37名に対し、元県連事務局長で現在は三反園事務所の幹部を務める男性から、ポスターや推薦願いなどの利活用法、さらには具体的な支援策の説明があった直後、封筒に入った30万円が全員に配られていた。

20日にハンターの報道で詳細が明らかになると、「組織的な買収ではないのか?」「新型コロナで民間が疲弊しているときにふざけている」と言った声が上がる事態に――。

県政会が騒然となる中、一旦30万円を受け取った県議らの中から「訳の分からないカネは返すべきだ」との声が出ていた。

関係者の話によると22日までに少なくとも4名前後が県連側に返金したことが分かっている。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 福岡県田川市で、公職選挙法が規定する掲示物についての規定を無視した「違法看板」を多数設置していた今村…
  2. 今月3日、永田町に衝撃が走った。時事通信が『自民、国民と連立検討 局面転換狙う、玉木氏入閣案』という…
  3. 「岸田首相も最後のあがきだ」「解散総選挙か退陣か、どっちだろうか」――永田町では、岸田文雄首相の「迷…
  4. 今夏の参議院議員選挙に出馬して落選した国民民主党福岡県連の大田京子代表が、違法ポスター問題で醜態を演…
  5. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る