【速報】自民党鹿児島県連”買収”疑いの30万円 複数の県議ら返金

自民党鹿児島県支部連合会(会長・森山裕国会対策委員長。以下、県連)が、7月の県知事選挙に向けて推薦を決めた三反園訓氏側からの支援要請に合わせ、現金30万円が入った封筒を所属県議37名に配っていた問題で、複数の議員が問題の30万円を県連に返していたことが分かった。

現金供与が行われたのは今月の8日。県連内の一室に集められた所属県議37名に対し、元県連事務局長で現在は三反園事務所の幹部を務める男性から、ポスターや推薦願いなどの利活用法、さらには具体的な支援策の説明があった直後、封筒に入った30万円が全員に配られていた。

20日にハンターの報道で詳細が明らかになると、「組織的な買収ではないのか?」「新型コロナで民間が疲弊しているときにふざけている」と言った声が上がる事態に――。

県政会が騒然となる中、一旦30万円を受け取った県議らの中から「訳の分からないカネは返すべきだ」との声が出ていた。

関係者の話によると22日までに少なくとも4名前後が県連側に返金したことが分かっている。

0
この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 福岡市市民局防災・危機管理部が進める「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備事業」を巡り、官業癒着…
  2. 福岡市市民局防災・危機管理部が今年2月に業者選定を実施した「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備…
  3. 北海道立江差高等看護学院のパワーハラスメント問題で11日午後、道の担当部局がこれまでの対応と今後の取…
  4.  鹿児島市立伊敷中学校と同市の教育委員会が“いじめ”の隠蔽を図っていた問題の背景にあるのは、県全体の…
  5. 福岡市が、災害対策本部の機能拡充を図る目的で計画した業務委託の業者選定に、大きな疑惑が浮上した。 …




最新の記事

  1. 福岡市市民局防災・危機管理部が進める「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備事業」を巡り、官業癒着…
  2. 福岡市市民局防災・危機管理部が今年2月に業者選定を実施した「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備…
  3. 北海道立江差高等看護学院のパワーハラスメント問題で11日午後、道の担当部局がこれまでの対応と今後の取…

ページ上部へ戻る