【びっくり仰天】疑惑のゴルフコンぺ、削除画像が復活|佐々木允福岡県議会副議長のドタバタ

いったんネット上から削除された疑惑の証拠が、ハンターの報道を受けて「復活」した。

資金管理団体「佐々木まこと連合後援会」が主催したゴルフコンぺの収支を政治資金収支報告書に記載しなかったことや、同コンペで家電品などを賞品として大量に供与したことが発覚し、政治資金規正法違反(不記載・虚偽記載)や公職選挙法違反(買収)の疑いが出ている佐々木允福岡県議会副議長(当選3回。田川市選出)が、証拠となるコンペに関する画像を自身のフェイスブックやブログから削除しながら、その点を指摘したハンターの記事が配信された後、再びネット上に復活させたことが分かった。

同氏の慌てぶりが伝わってくる展開だが、削除したつもりの画像の多くは関係者がスクリーンショットなどで残しており、ネット上にもキャッシュが残っていた。つまり削除自体が無駄だったということ。「墓穴」を掘った上に、別の穴を掘った格好だ。

以下、復活した「証拠」の一部と削除できないゴルフコンぺ案内状。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 通常国会の会期末まで約1か月。「解散総選挙に踏み切るのではないか」とみられていた岸田文雄首相が、方向…
  2. 今月9日、川勝平太知事の辞任を受け、過去最多となる6人が立候補した静岡県知事選がスタートした。だが、…
  3.  全国の裁判所で昨年1年間に処分のあった不祥事が少なくとも5件に上ることが、最高裁への情報開示請求で…
  4. 福岡県添田町の中嶋浩二町議会議員側が、町内で行われた祭礼のため地区ごとに設けられた8か所の休憩所に、…
  5. 斎藤元彦兵庫県知事の「疑惑」を、西播磨県民局長だった渡瀬康英氏が「内部告発」した文書については先月2…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る