裏金疑惑の中山泰秀氏、懲りずに政治資金パーティー

「裏金問題に加えて落選中の議員が、いったい何をやっているのか……。パーティー券をゴミ箱に捨てようと思ったほどだ」と渋い表情で語るのは、元外務副大臣で衆議院議員5期の経験がある中山泰秀氏(大阪4区)の支援者だ。

◆   ◆   ◆

中山氏が送り付けたのは、「中山泰秀政経文化会 開催のご案内」というパーティー券。開催日は6月28日金曜日午後5時から。高市早苗安全保障担当相の講演があり、その後に懇親会が予定されておいる。会費は2万円。政治資金規正法に則った政治資金パーティーであることが明記されている。

中山氏は、2021年の衆議院選挙で日本維新の会公認候補に惨敗、比例復活もならずに浪人中だ。自民党は維新に対抗すべく、昨年8月、茂木敏充幹事長を本部長に「自民党大阪刷新本部長」を設置し、新たな支部長を決めた。だが、中山氏については「活動に問題がある」と支部長保留とされていた。中山氏と同じ旧安倍派のある衆議院議員がこう話す。

「普段、何もやってないことを党本部に見透かされた。支部長に選ばれなかったこちについては、多くの党員が当然のことと思っていた。すると、中山氏の父親で元郵政相の正暉氏が自民党本部に乗り込み、『どうなっているのか』とクレームをつけた。何かあれば、自分自身ではなく元大臣でもある父親の力を借りるという、典型的な世襲政治家の愚行でした。茂木幹事長も、さすがに『これじゃなあ』と渋い顔でした」

父親の奔走の甲斐あってか、中山氏はなんとか昨年9月に支部長に再任された。その後に起こったのが裏金事件だ。中山氏は、2018年から22年までの間に、派閥の政治資金パーティー絡みで908万円ものキックバックを懐に入れていた。

22年に提出された「中山泰秀後援会」の政治資金収支報告書は訂正した上で再提出されたが、報告書を精査すると、裏金にしていた旧安倍派からの162万円が、新たな収入として追記されている。21年のものは204万円、20年は230万円を新たに計上した。だが、3年分で596万円と巨額な収入を得ているのに、すべて日付は「不明」。つまり裏金なので、日付が特定できないという、あきれた政治資金管理であることを証明した。

これまでハンターは、中山氏の「政治とカネ」に関する別の問題も指摘している(既報)。2021年、病院建設を巡って2億円の資金が日本大学から流出したとして、東京地検特捜部が強制捜査したが、その際逮捕されたのが大阪の医療法人「錦秀会」の錦秀会CEO(当時)の籔本雅巳氏。中山氏が支部長の「自民党大阪府第4選挙区支部」には、2012年から19年まで毎年、籔本氏名義で100万円が献金されていた。また、錦秀会グループからも政治資金とパーティ券代を受け取っていたことがわかっており、その額は2005年から20年までで3,628万円に上る。

また、中山氏は政党支部で2004年から07年にかけて暴力団と関連が深い2つの警備会社から、168万円の寄附を受領していたこともわかっている。

昨年の統一地方選において大阪府内で維新に惨敗した自民党。大阪市議選でも、維新が単独過半数を獲得したのだが、落選した自民党の候補者は吐き捨てるように「自民党がぼろ負けした最大の原因は、中山氏ですよ」と怒りを滲ませる。

自民党は維新が来年開催される大阪・関西万博の後地に、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指している。自民党はそれに対抗しようと、中山氏が「夢洲にディズニーリゾートを! 自民党」とアピールしはじめたのだ。「中山氏は以前からディズニーの関係者とコネクションがあるということで検討はされました。中山氏は『ディズニーの幹部と話した、可能性がある』と言っていました。そして『夢洲にディズニーリゾートを! 自民党』というポスターも作成。だが、数km先にはUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)がある。その誘致の時に、大阪市は大規模テーマパークは誘致しないと約束している。ディズニーランドはできないのです。それを議論も不十分なままIRの代案だとして中山氏が突っ走り、ポスターまで制作した。それが維新の攻撃の的となって、ぼろ負けしたのです」(大坂市議選で落選した自民党の候補者)

裏金事件をはじめ失態続きとなっているその中山氏が、世論の反発を無視して政治資金パーティーを開催するという。パーティー中止というケースもある中、今もって中山氏のパーティーが延期あるいは中止になるという話は聞かない。

「解散総選挙も近いので、早めにパーティーをやってカネを集めたいという話を中山さんの秘書がしていた。裏金議員としての反省がは皆無。だから『世襲のアホボン』と地元では揶揄されるのです。自民党は中山さんを支部長から降ろすべきだった。高市さんも行くべきじゃない」(中山氏の支援者)

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1.  2023年2月に鹿児島県霧島市で起きたクリーニング店で働く20代の女性に対するストーカー事件。霧島…
  2. 今年3月、兵庫県の前西播磨県民局長W氏が斎藤元彦知事のパワハラ、公職選挙法違反、贈収賄などの疑惑を内…
  3. 2023年2月に鹿児島県霧島市で起きたクリーニング店で働く20代の女性に対するストーカー事件。鹿児島…
  4.  「警察官のストーカー被害にあった女性が、再三にわたり県警本部に事件の詳細な説明と謝罪を求めています…
  5. 今月11日、ハンターに鹿児島県警の内部情報である犯歴や告訴告発事件処理簿一覧表を渡したとして守秘義務…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る