鹿児島・南大隅町 庁舎解体工事に重大疑惑

森田俊彦町長のデリヘル接待や金銭スキャンダルで揺れ続けてきた鹿児島県南大隅町が、役場の新庁舎建設で発生する現庁舎の解体工事を、見積りもとらずに、新庁舎建設を請負った業者に発注していたことが分かった。

解体にかかる費用は約2億円。本来なら入札を行うべき工事を、追加工事に仕立てる形で契約を変更していた。

町の関係者から発注形態について疑問の声が上がったため、同町に開示関連文書の情報公開請求を行ったところ、担当課が開示すべき文書の存在を隠蔽。担当職員は、ハンターの追及を受け文書の存在を認めたものの、取り扱いを決める協議に「時間がかかる。いつになるか分からない」などと無責任な言い訳を続けている。

一連の経過と工事契約の疑惑については、次週からの配信記事で詳細を報じていく予定だ。

 

【過去の南大隅町関連記事】
南大隅町 居直り町長に支持者からも厳しい批判(2013年5月20日)
核ゴミ町長デリヘル接待の全貌-歪む鹿児島・南大隅町-(2017年4月19日)
選管が公選法違反 町議選巡り役場が不正隠し(2017年6月20日)
町政私物化で「映画制作」デリヘル町長の妹も出演予定(2018年5月11日)
需要無視して女子寮整備“入寮者ゼロ”情報開示は意図的に延引(2019年8月22日)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 6月20日告示、7月7日投開票の東京都知事選に、現職の小池百合子知事が3選を目指して立候補する意向を…
  2. 兵庫県洲本市のふるさと納税を巡り、ハンターはこれまで、事件性のある事案であること報じてきた(既報)。…
  3. ヒグマの駆除をめぐり、にわかに大きな議論を呼んでいる北海道の自治体と地元猟友会との確執。今月中旬から…
  4. 2017年、国は高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)を最終処分する用地の適性を4段階で評価し、日本地図上…
  5. ハンターの勝訴によって、永原譲二大任町長が公開を拒んでいた2017年度~2021年6月までの入札結果…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る