鹿児島・南大隅町 庁舎解体工事に重大疑惑

森田俊彦町長のデリヘル接待や金銭スキャンダルで揺れ続けてきた鹿児島県南大隅町が、役場の新庁舎建設で発生する現庁舎の解体工事を、見積りもとらずに、新庁舎建設を請負った業者に発注していたことが分かった。

解体にかかる費用は約2億円。本来なら入札を行うべき工事を、追加工事に仕立てる形で契約を変更していた。

町の関係者から発注形態について疑問の声が上がったため、同町に開示関連文書の情報公開請求を行ったところ、担当課が開示すべき文書の存在を隠蔽。担当職員は、ハンターの追及を受け文書の存在を認めたものの、取り扱いを決める協議に「時間がかかる。いつになるか分からない」などと無責任な言い訳を続けている。

一連の経過と工事契約の疑惑については、次週からの配信記事で詳細を報じていく予定だ。

 

【過去の南大隅町関連記事】
南大隅町 居直り町長に支持者からも厳しい批判(2013年5月20日)
核ゴミ町長デリヘル接待の全貌-歪む鹿児島・南大隅町-(2017年4月19日)
選管が公選法違反 町議選巡り役場が不正隠し(2017年6月20日)
町政私物化で「映画制作」デリヘル町長の妹も出演予定(2018年5月11日)
需要無視して女子寮整備“入寮者ゼロ”情報開示は意図的に延引(2019年8月22日)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 指定暴力団「太州会」の最高幹部から複数の不動産物件を取得したり、三代目太州会の大馬雷太郎会長(故人)…
  2. 日本維新の会は、馬場信幸衆院議員が新代表となり、これまで、橋下徹氏と並ぶ「創立者」だった松井一郎大阪…
  3. 本年11月に創刊80周年を迎えるブロック紙・北海道新聞(札幌市中央区、宮口宏夫社長)でこの夏、紙面制…
  4. 旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)と自民党のズブズブの関係についての追及が止まらない。自民党が公表…
  5. 「道には被害を認めて適正な補償をして欲しい」――そう訴えるのは、北海道・十勝管内に住む無職女性(27…





ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!