【速報】公明党・遠山清彦幹事長代理の資金管理団体が政治資金でキャバクラ遊び

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発出され飲食店への時短や国民への会食自粛が求められる中、深夜に銀座のクラブを訪れていたことが分かった公明党・遠山清彦幹事長代理の資金管理団体が、九州一の歓楽街福岡市中洲にあるキャバクラやガールズバー3件の支払いを、「政治資金」で賄っていたことが分かった。

違法でないものの、どうみても不適切としか言いようのない政治資金の使い方。コロナ下でのクラブ通いと合わせ、同氏の国会議員としての資質が問われかねない状況だ。

■いずれの店も博多の歓楽街「中洲」

キャバクラやガールズバーへの支出を行っていたのは、遠山氏の資金管理団体「遠山平和政策研究所」。同団体が総務省に提出した2019年分の政治資金収支報告書によれば、同年6月と10月に1件、8月に2件の計4件、福岡市博多区中洲のキャバクラなどに3店舗に17,000円から28,000円ほどの金額を支払っていた。3店のうち2件は既に閉店している。

下が、収支報告書の表紙と該当部分。表は、支出の内訳である。

政治資金の中から、キャバクラ遊びの代金を支払っていたことは明らか。政治活動の正当性が問われる状況と言えるだろう。

安倍政権で財務副大臣を務めていた遠山氏は千葉県出身。創価高から創価大に進んだ“学会エリート”で、2001年の参院選で公明党の比例区候補として出馬し初当選し、07年に再選された後、衆議院の九州比例に転身して4回の当選(衆院の1期目は繰り上げ)を重ねていた。今年秋までに行われる総選挙では、神奈川6区の公認候補になることが決定している。

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 腐敗した鹿児島県教育界の隠蔽体質が、数々の“いじめ”を放置し、被害を拡大する原因になっていた。 …
  2. 衆議院議員総選挙の投開票まで1週間、九州各地でも激戦が展開されているが、注目されるのは「候補者調整」…
  3. 滋賀県大津市の中学校でいじめを受けていた2年生の男子生徒が自殺してから10年。2013年には、その事…
  4. 衆議院議員選挙期間中の22日、就任まもない岸田文雄総理大臣が北海道を訪れ、道内各地で与党系候補の応援…
  5. 総選挙がスタートし、報道各社や政党が実施した情勢調査の結果が出回り始めた。ハンターのホームグラウンド…




最新の記事

  1. 腐敗した鹿児島県教育界の隠蔽体質が、数々の“いじめ”を放置し、被害を拡大する原因になっていた。 …
  2. 衆議院議員総選挙の投開票まで1週間、九州各地でも激戦が展開されているが、注目されるのは「候補者調整」…
  3. 滋賀県大津市の中学校でいじめを受けていた2年生の男子生徒が自殺してから10年。2013年には、その事…

ページ上部へ戻る