自粛で沈む歓楽街 中州~歌舞伎町~すすきの

今月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍政権が緊急事態宣言を発令した。直後の終末、日本を代表する歓楽街であ「博多・中洲」、「新宿・歌舞伎町」、「札幌・すすきの」の様子を取材した。

 

4月11日 PM7:30 博多・中洲

九州一の歓楽街から人が消えた。通るのは車だけ。たまに歩いているのは、明らかに中洲の住人だった。毎週中洲で飲んできたと豪語する会社社長が、がっくりと肩を落とす。「人と会えない家飲みじゃつまらないけど、仕方がない。いつまで自粛が続くのか分からないけど、中洲に戻ったら贔屓の店が無くなってたとか、あり得ない話じゃないよね。日銭を稼いで食べてる人たちは、本当に大変だと思う。県や市は、とにかく困っている人たちに、できる限りの手を尽くしてほしい。布製マスク2枚なんて、バカな真似だけはして欲しくないな」

 

4月11日 PM8:00 新宿・歌舞伎町

灯りが消えない「眠らない街」も、人通りはまばら。歌舞伎町で働いて30年以上だという男性は、ため息交じりにこう話す。「こんなことは初めて。人のいない歌舞伎町なんて……。正直、コロナが恨めしい。店を開けても、お客さんが来ないんだから経費がかさむ一方。自粛要請がなくても、店を閉めざるを得ない」

 

4月11日 PM8:00 札幌・すすきの

全国に先駆けて2月末に緊急事態宣言を出した北海道だが、一定の効果があったのか、今月6日頃までは感染者数が横ばい傾向にあった。地元のジャーナリストは、11日の段階でこう話していた。「すすきの人出は少ないといえば少ないですが、まったく人がいないわけでもなく、微妙な感じです。札幌は、緩んでいると言うべきかもしれない。第二波が来るのではないかという声が上がり始めている」

ジャーナリストの心配は現実のものとなり、5日連続で感染者が2桁を超えるという事態を受けた北海道と札幌市は、12日、共同で事実上二度目となる緊急事態宣言を出している。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 今夏の参議院議員選挙に出馬して落選した国民民主党福岡県連の大田京子代表が、違法ポスター問題で醜態を演…
  2. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  3. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  4. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  5.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る