福岡市のうなぎ店で立てこもり 女児2名を人質に【14時半ごろ男の身柄確保】

21日午前8時過ぎ、福岡市南区大橋にあるうなぎ店「黒田屋」の店舗で、同店の30代元従業員が、店主の子供とみられる女児二人を人質に立てこもった。

周辺を県警の警察官が規制して固めているが、立てこもり犯は店主を連れてくるよう要求している模様で、11時現在も硬直した状況は変わっていない。

この立てこもり事件は、新しい情報が入り次第、以下に追記する。

 

13時45分追記

福岡県警によると、立てこもりを続けている男は元従業員35歳、人質とされる女児は店主の子どもで6歳と3歳という。店主と妻は建物の外にいるが、立てこもりは今なお膠着状態が続いている。

写真は現場周辺を多くの報道陣が集まる様子。現場にはブルーシートがかけられ、中の状態は詳しく分かっていない。

 

14時30分ごろ

福岡県警が立てこもり男の身柄を確保した。人質の子ども2人にケガはない模様。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  2. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  3. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  4.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…
  5. 札幌高裁で国家賠償請求訴訟の控訴審が争われている首相演説ヤジ排除事件で11月中旬、同訴訟の当事者など…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る