福岡市のうなぎ店で立てこもり 女児2名を人質に【14時半ごろ男の身柄確保】

21日午前8時過ぎ、福岡市南区大橋にあるうなぎ店「黒田屋」の店舗で、同店の30代元従業員が、店主の子供とみられる女児二人を人質に立てこもった。

周辺を県警の警察官が規制して固めているが、立てこもり犯は店主を連れてくるよう要求している模様で、11時現在も硬直した状況は変わっていない。

この立てこもり事件は、新しい情報が入り次第、以下に追記する。

 

13時45分追記

福岡県警によると、立てこもりを続けている男は元従業員35歳、人質とされる女児は店主の子どもで6歳と3歳という。店主と妻は建物の外にいるが、立てこもりは今なお膠着状態が続いている。

写真は現場周辺を多くの報道陣が集まる様子。現場にはブルーシートがかけられ、中の状態は詳しく分かっていない。

 

14時30分ごろ

福岡県警が立てこもり男の身柄を確保した。人質の子ども2人にケガはない模様。

0
この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 福岡市市民局防災・危機管理部が進める「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備事業」を巡り、官業癒着…
  2. 福岡市市民局防災・危機管理部が今年2月に業者選定を実施した「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備…
  3. 北海道立江差高等看護学院のパワーハラスメント問題で11日午後、道の担当部局がこれまでの対応と今後の取…
  4.  鹿児島市立伊敷中学校と同市の教育委員会が“いじめ”の隠蔽を図っていた問題の背景にあるのは、県全体の…
  5. 福岡市が、災害対策本部の機能拡充を図る目的で計画した業務委託の業者選定に、大きな疑惑が浮上した。 …




最新の記事

  1. 福岡市市民局防災・危機管理部が進める「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備事業」を巡り、官業癒着…
  2. 福岡市市民局防災・危機管理部が今年2月に業者選定を実施した「災害対策本部機能(ICT設備等)拡充整備…
  3. 北海道立江差高等看護学院のパワーハラスメント問題で11日午後、道の担当部局がこれまでの対応と今後の取…

ページ上部へ戻る