西村経済再生相、兵庫知事選応援で「圧力」の言い訳

金融機関を使って酒類販売業者に圧力をかけ、飲食店の酒類提供を力ずくで止めさせようとした西村康稔経済再生担当相。世論の猛反発を受けて一連の「圧力」を撤回したが、コロナ対策における政権の迷走ぶりを象徴する出来事となった。

その西村氏は11日、自身の地元である兵庫県明石市で、7月18日に投開票予定の知事選挙に立候補している元総務官僚(日本維新・自民推薦)の応援演説を行っていた。

本人の意欲、決意、ぜひお聞き頂いて、応援していただければありがたい、そんな思いであります。

その前に、冒頭一言だけ、なんとしてもコロナを抑えたい、そしてできるだけ多くの皆さんに協力をいただ、いただきたい、そんな強い思いから、発言したことではあったんですけれども、まあ多くの皆さんにご心配、あるいは混乱、そして特に飲食店の皆さんにご不安を与えてしまったことを私の本意ではないんですけども、えっ、そういう事態になってしまいましたので、反省をしているところであります。協力いただけるお店には、しっかりと協力金を早くお渡しするということで、先渡しの仕組みを導入することにしました。なんとか協力をいただきたい。そして協力いただけないお店にも丁寧に説明をして、できるだけ協力いただいて、もう社会全体の皆さんのひとりひとりのご協力でなんとかコロナを抑えたい。ワクチン接種を着実に進めていきますので、なんとか今回の緊急事態、そして兵庫県はまん延防止が解除になりますが、なんとかこれね、感染を抑えていきたい、最後にしたい、その思いで対応していきたい、思います。しっかりと苦しい事業者のみなさんを支援しながら、協力を頂いて、コロナ、抑えていく、そして次の経済回復、新しい時代を作っていければ、いう風に考えております。

斎藤元彦候補、43歳、2つだけ申し上げます。1つは若いけども、経験積んでます。佐渡島で、総務省から出向して、地域振興やりました。農業、漁業、商店街、中小企業厳しいです。新潟まで2,3時間かかる。その田舎の地方の振興をやってきた。もう1つ、あの東日本の大震災の後に、福島県の飯館村、それから宮城県庁で、震災の後の厳しい商店街のみなさんや、中小企業のみなさん、農業漁業のみなさんへの支援を最前線で彼は実践してきた。そして直前は大阪府で、コロナ対策まさに国の予算を活用しながら、医療機関のみなさんに、しっかりと報いていく、あるいは厳しい中小企業のみなさんに支援を行っていく、その先頭に立ってやってきてくれました。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  2. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  3. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  4.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…
  5. 札幌高裁で国家賠償請求訴訟の控訴審が争われている首相演説ヤジ排除事件で11月中旬、同訴訟の当事者など…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る