甘利自民党幹事長が落選、石原元幹事長も

きょう投開票の衆議院議員総選挙に、神奈川13区から自民党公認で立候補していた甘利明幹事長が、小選挙区で落選することが確実となった。立憲民主党の新人、太栄志氏に及ばなかった。

現職の幹事長が落選するのは、1955年に結党した自由民主党の歴史が始まって以来初。幹事長経験者で派閥の領袖を務める石原伸晃氏も東京8区での落選が確実となっており、自民党にとっては大きな痛手となりそうだ。

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 二階俊博元自民党幹事長の「政界引退」記者会見から約1か月。同氏の地元である和歌山県にさらなる激震だ。…
  2. 在学生の自殺事案で賠償交渉の「決裂」が伝わった北海道立江差高等看護学院のパワーハラスメント問題で(既…
  3. 今月16日、衆院東京15区、島根1区、長崎3区の補欠選挙が告示される。アメリカを国賓として訪れていた…
  4.  2021年秋、新型コロナウイルスの療養施設内で、女性スタッフに対するわいせつ行為が行われた。わいせ…
  5. 裏金事件で岸田文雄政権と自民党が大きく揺れる中、岸田首相は8日、アメリカでバイデン大統領と会談するた…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る