【速報】久留米市長に原口新五氏|元県議会副議長ら破り初当選

任期満了に伴う久留米市長選挙は23日に投開票が行われ、元市議会議長の原口新五氏(61)が、元県議会副議長の十中大雅氏(68)ら3人を抑えて初当選を確実にした。

1期目で引退を決めた大久保勉市長の後継指名を受けた形の原口氏は、実兄で自民党福岡県連会長の原口剣生県議会議員や地元建設業界などの支援を受け活発な運動を展開。地元衆院7区の鳩山二郎総務大臣政務官陣営や公明党をバックに優勢とみられていた十中氏を破り、保守分裂となった熾烈な選挙を制した。

昨年6月に就任したばかりの県議会副議長を辞任して背水の陣を敷いた十中氏は、10月に副議長就任を祝う政治資金パーティーを開いていたことなどに批判が集中。頼みの鳩山陣営で起きている内部のゴタゴタに加え、選挙戦終盤にきて二郎氏本人が新型コロナウイルスに感染するというアクシデントに見舞われ失速した。終盤にかけて公明党創価学会が組織力を発揮して十中氏を支援したが、勝利には結びつかなかった。

久留米市長選を巡っては、ハンターの取材で十中氏支持を表明していた久留米商工会議所の政治組織「日本商工連盟久留米地区」に、公職選挙法が禁じる「事前運動」を行っていた疑いが発覚。さらに、会議所自体にも「商工会議所法」に抵触する政治活動に手を染めていた疑いが浮上している。

(当日有権者数は246,987人 投票率34.58%)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 指定暴力団「太州会」の最高幹部から複数の不動産物件を取得したり、三代目太州会の大馬雷太郎会長(故人)…
  2. 日本維新の会は、馬場信幸衆院議員が新代表となり、これまで、橋下徹氏と並ぶ「創立者」だった松井一郎大阪…
  3. 本年11月に創刊80周年を迎えるブロック紙・北海道新聞(札幌市中央区、宮口宏夫社長)でこの夏、紙面制…
  4. 旧統一教会(現世界平和統一家庭連合)と自民党のズブズブの関係についての追及が止まらない。自民党が公表…
  5. 「道には被害を認めて適正な補償をして欲しい」――そう訴えるのは、北海道・十勝管内に住む無職女性(27…





ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!