新型コロナの影響で宮崎県が大型公共事業の入札を中止 

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、こんなところにも出ている。

宮崎県は今月25日、宮崎県企業局発注の水力発電所更新工事の入札中止を公報した。新型コロナの感染拡大により、入札手続きが困難となったというのが理由だ。

中止となったのは、宮崎県東諸県郡綾町にある「綾第二発電所」の大規模改良事業のうち、発電所の水車、発電機、屋外変電設備、水圧鉄管などを更新するもの。参考価格は84億円を想定していた。

入札公告されたのは昨年12月。その後、競争参加者の決定や技術提案書の受付など今年4月までのスケジュールは滞りなく進んでいたが、新型コロナの影響で5月下旬に予定されていた発注者と競争参加者が意見を交わす「技術対話」が実施できないことを理由に入札中止を決めた。オンラインでの実施も検討したが、断念したという。

宮崎県企業局によると、入札中止が検討されたのは5月中旬で、各競争参加者には中止への了解を得ている。現在、再入札について検討中だが、再入札となれば入札手続きは一からやり直しとなる。

同局担当者は「発電所の老朽化が進んでおり、喫緊の課題ではあるが、更新しないとすぐに発電量に影響が生じるものではない」と話している。

綾第二発電所は、運転開始から60年が経過し、発電設備の老朽化がみられることから、令和2年度から令和7年度にかけて更新する予定となっていた。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 5日に投開票が行われた北九州市長選挙で、自民、公明、立憲民主、国民民主の各党に加え、労働組合「連合」…
  2. 任期満了に伴う北九州市長選挙は5日、投開票が行われ、元厚生労働省官僚の無所属新人・武内和久氏(51)…
  3. 昨年11月に行われた福岡県久留米市の商工会議所会頭選挙で6選を決めた本村康人会頭(75)が2013年…
  4. 今月5日に投開票される北九州市長選挙に、自民、公明、立憲民主、国民民主の各党と労働組合「連合」の推薦…
  5. 「期日前出口は2.5ポイント差」、「武内44、津森40」――次々に判明する報道機関による期日前出口調…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る