大任町議長銃撃事件の真相(上)|指示した組長が漏らした「永原譲二」「1000万円」

 2002年(平成14年)7月2日、当時福岡県大任町議会の議長を務めていた楠木重明氏(故人)が、飯塚オートレース場そばの路上で銃撃されるという事件が起きた。議長は右腕を撃たれてけがを負ったが命に別状はなく、銃撃の実行犯は翌年3月に逮捕される。

 実行犯と議長にこれといったつながりがなかったため「動機」についてさまざまな憶測が流れたが、町内でまことしやかに語られていたのは、陰で糸を引いたとされる『黒幕』の存在だった。

 こうしたケースで疑ってみるべきなのは、いちばん得をする人間だ。ハンターの記者が改めて事件を調べ直す中、12年以上の刑期をつとめて5年前に出所した男性(本稿では「A氏」)が、取材に応えて事件の真相を明かした。

 捜査当局も知らない拳銃の隠し場所、犯行を指示した元暴力団組長、銃撃の瞬間、そして本当の『黒幕』――。衝撃の告白を、足し引きなしで2回に分けて報じる。

■銃撃の直接指示は暴力団組長 ー 匂わせた黒幕の名

――今日は、取材に応じていただき、ありがとうございます。まず、銃撃事件に至る経緯から聞かせて下さい。
A氏:はい。自分はその頃は、鉄筋の仕事しとったんですよ、大分で。ずっと高速道路しよってですね。ほんで、大分の高速道路が終わったものですから、(大任町に)帰ってきたわけです。そして、ブラブラしよったんですが、そしたら政時組のO(*アルファベットの「O」。以下同じ)から話があると・・・、ね。ちょっと話があるんやけど、と。

――Oというのは、解散した「政時組」(太州会の二次団体)の当時の組長で、その後、破門になっている人ですね。
A氏:そうです。ほんで、話があるって。

――それは、いつ頃のことですか?
A氏:ええっと、事件起こしたんが・・・。

――当時の新聞記事によると、2002年、平成14年7月2日に事件が起きています。
A氏:ああ、 7月2日に事件。その3か月以上前ですよ。Oから話があったのは。

――それで?
A氏:そして、Oと会って、何の話かと思ったら、『楠木をなんとかしたい』と。どういうことやと言ったら、『楠木は大任町のためにならん』と。『大任町のためにならんから、あれはどうにかせないかん』と。だから、自分にね、あの、『行ってくれんか』という話だったわけですよ。

――行ってくれんかというのは、要するに、襲撃してくれということ?
A氏:そういうことです。ほんで、その行ってくれんかっていうから、『俺がなんで行かないかんのか』と。『大任町のためにならんとかなんとか、俺は関係ないやないか』って、最初断わっちょったんですわ、うん。そしたら、そういうやり取りしよるうちにね、永原譲二っちゅう名前を出したわけですわ、Oが。

――Oさんが?
A氏:うん。

――永原譲二とフルネームを?
A氏:うん。名前を出してですね。で、『1,000万用意しとる』と。ほんで、なんとかね、あれしてくれんかということで。

――Oさんは、永原町長が1,000万用意してると言ったんですか?
A氏:ただ1,000万出とるという話やった。

――匂わしたわけですね。依頼者を。
A氏:そういうこと。

――ただ名前が出たのは、はっきり覚えている?
A氏:それはもうはっきり『永原譲二』と。ほんで、永原譲二の仕事かって俺聞いたんですよ。そしたら、譲二は関係ないっち。こう言ったけどね。そいけど、もう自分にしたら、これは永原譲二から頼まれたことやなと思ったんですよ。

――Oさんの態度見て?
A氏:うん。もう1,000万出とるとかね。だいたい、Oが1,000万とかいうカネ、出せるわけやないから。あと、その頃(Oは)、永原譲二から車を買ってもらったり。『キャデラックを買うてもろた』とか、言ってましたからね。

――キャデラックを買ってもらったりするような関係だったから、永原から頼まれたら断れないだろうと容易に想像がついたと?
A氏:そうそう。そいで、自分はOに、その頃少し世話になっちょったからですね。

――いわゆる企業舎弟みたいな感じですね?
A氏:そうです。そやから、最後は『よし、分かった』って。ただね、その前にね、『あんたんとこ若い衆おるやないか』ってね、言ったんですよ。そしたら、(Oが)『いやーうちの若い衆で行けるもんはおらん』と。で、『なんとかあんた行ってくれんな』と言われたわけですよ。

――なるほど。
A氏:ほんで、永原譲二の名前も出たし、もうカネも1,000万出とるというし。これは永原譲二の仕事やなと思って引き受けたんですよ。そいでも、やっぱり人一人殺すっていったら、そう簡単にいくもんやないからですね。

■殺しの依頼 ー コインロッカーに拳銃と銃弾

――要するに、殺しの依頼だとその段階でわかっていたんですね?
A氏:うん。

――その時、Aさんはおいくつですかね?
A氏:55か6かね。

――それから?
A氏: で、引き受けたところで、『(Oが)チャカは、伊田の駅前のコインロッカーに入れておく』と。チャカて、拳銃のことですよ。

――どこの駅ですか?
A氏:伊田駅。

――JRの田川伊田駅ですね。
A氏:うん。『(Oが)伊田のコインロッカーに入れとく』言うで、自分が取りに行ったら、(拳銃が)あったわけですよ。

――鍵をOさんから受け取って、伊田駅に行ったわけですね?
A氏:そうです。

――確認ですが、Oさんから『チャカは伊田駅のコインロッカーに入れておく』と言われて、取りに行ったわけですね?
A氏:そうです。

――その時は、現金も?
A氏:いや、現金というのは、一括で貰ったわけやないですよ。動く度にね、ちょこちょこと。100万とか、200万とかね。

――現金受け取りの1回目はいつ頃でしたか?拳銃を受け取る前ですよね?
A氏:うーーん・・・。なんせですね、実際に事件を起こすまでに3、4か月以上かかったんですよ。

――すぐじゃなかったんですね。
A氏:すぐやないです。やっぱ、自分もいろいろ考えてね。“これで殺したら・・・”とかね。

――(刑務所から)出て来れないかもしれないとか?
A氏:うん。いろいろ考えてね。日にちかかってね。そしたら途中でね、Oが『もうお前行ききらんやったら、やめれ』って、Oが言ったことがあったね。

――最初に話があって、7月2日までの3か月くらいの間に、いろいろやり取りがあったと?
A氏:その間に、北海道行ったりね。Oが『楠木が北海道にスキーに行っとる』と。『そこで狙え』と。ほんで、そのスキー場が小樽やったんですよ。

――北海道まで行ったんですか?
A氏:行ったです。北海道までね。

――春先ですか?そうすると。
A氏:えーっと、そうですね。2月か3月頃かね、ほんだら。北海道に行ったとき、雪があったですもんね。

――なるほど。
A氏:北海道まで行ったのは覚えとう。ほんで小樽のスキー場がずーっと山の奥だったんですよ。ほんで、スキー場に着いて、人がもう山ほどおってね。狙いどころやなかったですわ。そやから、帰って来たんですわ。『これは無理や』と思ってね。ああ、そん時に、費用は100万とか、そん時に出してくれたね。ただ、1,000万やらいう額は貰ってないですよ。

――要するに、経費は出してもらったが、Aさんの懐が温かくなるほど貰ってないってことですね。
A氏:貰ってないですよ。一気にポンって1,000万くれたんやなくて、動くたび。全部あわせても1,000万やら貰ってない。

――ところで、捕まったら刑務所行きってのは分かっているわけですが、襲撃した後は、どうするこうするっていう約束はなかったんですか?
A氏:『 帰ってきたら、俺が面倒をちゃんとみる』という話はしたですよ、Oが。

――そうしないと、やれませんよね。
A氏:ええ。

――そして、2002年、平成14年7月2日に事件ですね。もう次の日には、県警が似顔絵まで公開していたんですよ。3日の新聞に出ていました。警察は、もう誰が犯人かわかっていたはずですよね。
A氏:はいはい。

――当時の新聞記事で、気になっているところがあります。《楠木議長宅では昨年11月8日未明に自宅外壁4か所に銃弾が撃ち込まれる事件が起きており》とあるんですが、心当たりないですか?
A氏:いや、ない。

――関わっていらっしゃらない?
A氏:うん。自分は楠木のことは全然知らんかったし、そもそもが、Oから話される前は、大分の高速道路の工事に行っとるわけですから知らんし、関係ないです。

――話が戻りますが、北海道に行った時、拳銃持って行かれたんですよね?
A氏:持って行った。寝るときもずっと持っとったし、普段は車に積んでたから。ほんで、マメが、弾のことですが、16発あったんですよ。トカレフですね、拳銃は。32口径のトカレフ。豆(銃弾)が16発。

――伊田駅のコインロッカーに、弾も一緒に?
A氏:そうです。

――拳銃は、早いうちに手にはされてたんですか?
A氏:そうです。話が決まってすぐに。

――すぐに?
A氏:すぐです。話が決まったあくる日くらいにもう用意しちょった。

■「銃撃4発」その瞬間

――で、何か月もかけて、実際の銃撃になる。飯塚のオートレース場で。
A氏:はい。銃撃した飯塚のオートレース場はですね、車が、いったんは必ず止まらないかんとですよ。そこで待ち伏せしちょった。楠木の車が止まったから、自分はさっと(車の)前に行って、前から撃ったんですよ、最初の1発は。

―― ・・・。
A氏:で、正面から撃ったときに、本人がポトっと倒れたんですよ。

―― ・・・。
A氏:そやから、そのまま横のドアの方に行ったら、楠木がぱっと起きて、ビューっと(車が)出ていこうとしたから、あわててもう一度撃ったわけですよ。そこで2発撃ったわけです。

――横といいますと、運転席側?
A氏:運転席側の方からね、2発撃ったんですよ。ほんで1発目は頭の後ろの枕カバーがあるやないですか。

――ヘッドレストですね。
A氏:そうそう。あれに当たっとったと。ほんでもう1発は、肘に当たっとるわけですよ。

――1発目の正面からのは当たってないわけですね?
A氏:うん、いや、それがハンドルに当たったって話を聞いたんですよ。後から。ボンネットから運転席までが2mくらいしか離れてなかったけどですね。正面からね。

――車は何だったか覚えてらっしゃいますか?
A氏:クラウンやったかね。

――本人が動いたんで、パタッと倒れた感じだったということで運転席側にまわって、そして?
A氏:ポッと起きたから、あわてて2発撃ったんですわ。

――それがヘッドレスト。
A氏:そうそう。それに当たって。ほんで1発が肘で、(腕で顔を庇う仕草をしながら)こうしとったからですね、肘に当たっとんですわ。で、4発目は、車がもう走った後、後ろからおまけのつもりで撃ったわけですよ。4発撃った。

――全部で4発ですね。
A氏:そうです。

――その前に射撃の訓練はされたんですか?
A氏:したです。

――どこで?
A氏:あっちこっちで。

――あっちこっち。要するに山の中とか。
A氏:そうです。弾倉に弾が8発入るんですわ。

――はい?
A氏:8発いっぱい詰めちょったら、弾が噛むかわからんけん、7発にしたんですわ。最後はね。7発残しとったんですわ。ちゅーことは、9発。16発あったから。

――8発入るけど、弾が噛む?
A氏:いっぱい入れちょったら、ガチャってしたときに、弾倉に送るときにね、弾が噛む場合があるって聞いとったから。そやから、7発残して、ほんで、残りの9発は練習で撃ったんです。

――9発練習。すると、全部で13発撃ったんですかね?弾は16発あって、何発か残った。
A氏:3発残ったんですよ。

――拳銃はその直後に、どこかに捨てられたんですか?
A氏:いや、それはもう、ある人間がね、処分した。

――逮捕はいつ頃でしたか?
A氏:逮捕は10か月後くらいでしたかね。私の誕生日2月17日なんですわ。その時免許の切り替えやったんですよ。で、免許の切り替え行ったら捕まると思って、1か月くらい猶予があるじゃないですか、免許証が切れて。ほんで、1か月間猶予があるけれど、切り替えに行かんで、3月の18日に捕まったんです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

 解散した政時組の元組長(破門)が、A氏に議長銃撃を指示する段階で匂わせた「永原譲二」「1,000万円」。この言葉があったからこそ、A氏は議長襲撃を引き受けたと断言する。覚悟を決めた後は、拳銃の試射を行い、襲撃の機会を狙って議長を北海道まで追いかけていた。

 「チャカは、伊田の駅前のコインロッカー」、「32口径のトカレフ。豆(銃弾)が16発」、「弾が噛むかわからんけん、7発」。捜査当局にも明かさなかったという事件に関するの細かな事実を、A氏は淡々と話し続けた。この後に語られた、出所後の『黒幕』とのやり取りは、さらに衝撃的な内容だった。

(つづく)

*本稿に関し、ニュースソースを明示しない勝手な後追い報道や、記事の転用を禁じます)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 国の指導を無視し、町発注工事の入札情報を非開示にして「違法状態」を続けてきた永原譲二福岡県大任町長の…
  2.  新年早々、世間を騒がせることが好きな自民党の甘利明元幹事長が、消費増税を示唆して批判を浴びることに…
  3. 学問の世界では、ある時期に定説として扱われた学説が後に覆されることはよくあることである。新しい事実が…
  4. 今月19日、東京地検特捜部が東京都千代田区の「トライベイキャピタル」(三浦清志社長)という投資会社や…
  5. 長年、選挙に関わってきたことで、対立候補のスキャンダルなどを記した様々な「怪文書」を見てきた。どれも…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る