走る三反園|知事選討論会もアンケートも拒否してお座敷にダッシュ

多忙なのか、やる気がないのか、はたまた対応する能力がないのか――。

今月25日告示の鹿児島県知事選挙に、再選を目指して出馬することを表明している鹿児島県の三反園訓知事が、テレビ各局や青年会議所(JC)が計画していた立候補予定者討論会への不参加を表明。さらに、報道機関が求めた候補者アンケートへの回答を、すべて拒否したことが分かった。

新聞の紙面やテレビ画面の向こう側にいる県民の、「県政について知りたい」「三反園さんの訴えを聞きたい」という願いを無視した、前代未聞の愚かな姿勢だ。

一方、“有権者”は軽んじても“有力者”からの誘いには喜んで出ていくらしく、16日の夕方には鹿児島市内のホテルに公用車で乗りつけ、2階にある日本料理店での会合に参加していた。

 

たまたま通りかかったハンターの記者が、公用車を降りてホテルに走り込む知事の姿を撮影。きちんとご挨拶して名刺を差し上げた。三反園さん、走ると危ないですよ!

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 今夏の参議院議員選挙に出馬して落選した国民民主党福岡県連の大田京子代表が、違法ポスター問題で醜態を演…
  2. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  3. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  4. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  5.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る