前代未聞!三反園知事選挙違反で県議会会派が警察に捜査要請

鹿児島県議会の会派「県民連合」が24日、明日告示の鹿児島県知事選挙で2期目を目指す三反園訓氏が、県内の複数の首長に選挙協力を強要していた問題を捜査するよう、県警に要請したことが分かった。

この問題は、三反園氏が複数の自治体首長に電話し、事業予算を盾に集票を迫っていたとする南日本新聞21日朝刊のスクープ報道で発覚。公職選挙法が禁じる「公務員の地位利用」と「事前運動」の疑いが浮上し、知事本人が刑事告発されかねない状況となっていた。

鹿児島メディアは連日、知事の選挙運動議疑惑を追いかけており、選挙戦でも争点になることが確実な情勢。2016年の知事選で三反園氏を支援した県民連合が、県議会の矜持を示した形だ。同会派は、知事に対しても説明責任を果たすよう、申し入れを行ったとしている。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 2017年1月、大阪府豊中市に設立予定だった学校法人森友学園の「瑞穂の國記念小學院」。国有地が8億円…
  2. テレビコメンテーターとして知られる国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫、三浦清志氏が経営する投資会社「トライ…
  3. 夫の会社の家賃を政務活動費と政治資金で按分支出していた国民民主党福岡県連代表の大田京子元県議に対し、…
  4. 5日に投開票が行われた北九州市長選挙で、自民、公明、立憲民主、国民民主の各党に加え、労働組合「連合」…
  5. 任期満了に伴う北九州市長選挙は5日、投開票が行われ、元厚生労働省官僚の無所属新人・武内和久氏(51)…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る