【2020東京都知事選】N国・ホリエモン新党の所業は許されるのか?

条件さえ満たしていれば、誰もが選挙に立候補できる自由がある。決められたルールさえ守れば、基本的に選挙期間中の活動も自由だ。だが、選挙は民主主義の原点であり、税金を利用して実施される大切な政治参加の機会。おふざけが許されるとは思えない。

下は、5日に投開票を迎える東京都知事選挙のポスター掲示板。新宿・都庁前では、22人の候補者のうち16人がポスターを掲示しており、取材した日に確認したものの中では、もっとも掲示数が多い場所だった。

注目を集めているのは、「NHK」や「ホリエモン」を前面に出してバカげた振る舞いに及んでいる複数の候補者。ご覧のように、「ホリエモン新党」という政治団体の公認で立候補した「NHKから国民を守る党」(以下、N国)の代表のポスターの左右には、同じくホリエモン新党から出馬した新人のポスター(?)が貼ってあり、その2枚には候補者の顔写真も名前もない。

300万円の供託金を積んで立候補しておきながら、作成したポスターに自身の写真はもちろん、名前さえ載せない人がいるというのだから呆れるしかない。“ホリエモン”を利用して売名に励む、N国の代表者を際立たせるための行為であることは明らかだろう。

N国の代表者は、テレビの政見放送で実名を出して不倫の実演をやっていたが、これは政策とも政治信条とも関係がない、ただのばか騒ぎ。選挙を愚弄するにも程がある。もちろん、こうした輩に政治を語る資格などない。

売名目的にしかみえない候補者の愚行に疑問を抱いているのは、記者だけではないはずだ。ポスターの記載内容や政見放送の在り方について、一定のルールを設けるべきだろう。選挙が税金を使って実施されていることを、忘れてはなるまい。

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  2. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  3. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  4.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…
  5. 札幌高裁で国家賠償請求訴訟の控訴審が争われている首相演説ヤジ排除事件で11月中旬、同訴訟の当事者など…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る