【速報】この時期に政治資金パーティー|二階派・武田良太事務総長の厚顔

政府・自民党が派閥の政治資金パーティーを巡る疑惑に揺れる中、二階派の事務総長を務める武田良太元総務相が11日、自身の政治資金パーティーを開催する予定であることが分かった。

■貪欲にカネ集め

武田氏が11日18時半から東京都内のホテルで開く政治資金パーティーの会費は20,000円。会場には同ホテル最大の部屋があてられており、1,000人を超える参加者が見込まれるという。

同氏のカネ集めの凄まじさは、その額や利益率から明らかだ。パーティーを主催する武田氏の資金管理団体「武田良太政経研究会」が総務省に提出した令和4年分(2022年分)の政治史資金収支報告書によれば、昨年1年間に開催された政治資金パーティーは4回。計1億9,686万5,000円を売り上げていた。

 下の表は、その内訳である。

 特筆すべきは「利益率」で、いずれの政治資金パーティーも会場費などの開催経費は総収入の約1割。つまり、売り上げの約9割が儲かっている計算だ。

政治資金パーティーとは、対価(会費)を徴収して行われる催物なのだが、武田良太政経研究会が開催した4回のパーティーの参加者実数は、販売枚数の三分の一もしくは四分の一程度だとされ、毎回1,000枚から3,000枚前後のパー券の売り上げ金が、見返りのない事実上の「献金」となっている格好だ。脱法行為と言われてもおかしくはあるまい。

それにしても、政治資金パーティーを巡る疑惑に国民の厳しい視線が注がれる中、あえてカネ集めを強行する武田氏の感覚は理解できない。確かに、岸田文雄首相が自粛を要請したのは「派閥」の政治資金パーティーで、政治家個人の開催は自由だ。しかし、武田氏は二階派の事務総長。中止か延期を選択すべき立場ではないだろうか。国民感情と政治家の間のズレが、現在の永田町を象徴しているといえそうだ。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 2月29日と3月1日、自民党の裏金事件で政治倫理審査会が開催された。初日は岸田文雄首相と二階派の事務…
  2. 「あと2か月しかないのに、どうするのだろう三つの補選で0勝なら岸田降ろしどころでは済まない。…
  3. 正月気分が抜けきれない1月16日、西日本新聞朝刊に久留米商工会議所会頭本村康氏のインタビュー記事が掲…
  4. 幹部警察官による不当な捜査指揮や情報漏洩に揺れる鹿児島県警察が職員の不祥事の捜査記録の開示請求に「存…
  5. 岸田文雄首相のおひざ元である広島の自民党県連で会長代行を務め、「広島のドン」と呼ばれる中本隆志氏県議…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る