醜態晒す安倍派5人衆

自民党安倍派(清和政策研究会)の政治資金パーティー裏金事件を巡る東京地検特捜部の捜査が終結し、それを待っていたかのように岸田文雄首相が出身母体である「宏池会」の解散を表明。押される形で、会計責任者が在宅起訴された安倍派と二階派も解散を余儀なくされた。安倍派の衆議院議員が肩を落としてこう話す。
「『岸田のせいでこうなった』と責任を押し付けるやつもいれば、『派閥の会長がいないからだ』と嘆く議員もいる。いずれにしても、うちの派は解散。6億円もの政治資金をごまかしていたのだからしょうがない」

消滅することになった「安倍派」の現状を取材した。

◆   ◆   ◆

安倍派では、4,800万円もの不記載が確認された衆議院議員の池田佳隆容疑者が政治資金規正法違反の容疑で逮捕され、不記載5,000万円超の大野泰正参議院議員が在宅起訴。4,000万円超の谷川弥一衆議院議員が略式起訴となり議員辞職した。

しかし、2,700万円超の萩生田光一前政調会長、1,500万円超の世耕弘成前参院幹事長、1,000万円超の松野博一前官房長官はお咎めなし。約100万円のキックバックを受けていた西村康稔前経産相はも立件されていない。いずれも安倍派5人衆として派を率いてきたが、収支報告書の訂正だけで責任は問われていない。ふざけた話だが、それぞれの政治家の言い訳が、これまた見苦しい。

「秘書が私に報告せず、簿外で管理していた」――世耕氏

「事務所の机の引き出しに管理していた」――萩生田氏

政治家の逃げ口上としては最低の「秘書が 秘書が」を連発した世耕氏。2,700万円を超える現金を「机の引き出しに置いていた」というバカげた話を公言した萩生田氏。こんな連中が大臣経験者だというのだから、呆れるしかない。

萩生田氏は特に悪質で、2,700万円超という裏金の額を公表したのは八王子市長選で勝利した翌日。選挙のためにダンマリを決め込んでいた。

◆   ◆   ◆

国民をコケにしているのは5人衆だけではない。派閥解散が形だけに終わることは確実で、福田赳夫元首相を祖父に、福田康夫元首相を父に持つ福田達夫元総務会長は、早くも「新しい集団をつくる」と明言し、動き出した。安倍派解散の当日に飛び出した再構築宣言に、唖然とした国民は少なくあるまい。

派閥再編を狙ってるのは福田氏だけではない。派内で参議院議員だけの「清風会」を結成している世耕氏についても、「安倍派の参議院議員の結束をやたら確認している。おそらく清風会のメンバーをまとめて派閥を作るつもりでしょう」(安倍派の衆院議員)とみられている。

劣勢が伝えられながら、地元・八王子の市長選で支援した候補が当選して上機嫌だとされるのは次期会長の最有力候補とされていた萩生田氏。この人の反省もうわべだけのことで、前出の安倍派議員は呆れ顔に話す。
「萩生田さんは、『(安倍派の)会長は俺がやるからついてこい』と威張り散らしてきた。一時は殊勝な姿を見せていたが、八王子市長選で勝ったとたん、不遜な態度が復活した。萩生田さんは従う衆議院議員を集めて派閥再結成でしょう」

◆   ◆   ◆

解散を表明した安倍派の記者会見は、岸田の乱が起きた翌日の議員総会を経て行われた。ここでも安倍派5人衆が、もめにもめたという。記者会見に出席したのは、写真にある通り、塩谷立座長と高木氏の2人だけ。実は当初、世耕氏ら幹部の出席も予定されていた。ある安倍派の参院議員が、苦々しげに振り返る。
「世耕さんは参議院議員のまとめ役。西村さんと松野さんは事務総長経験者。いずれも会見への出席を求められたが、『自分で会見をやる』と逃げた。そのせいで、しゃべりの下手な塩谷さんと高木さんが醜態をみせることになった。本当はうちの派が岸田派より先に派閥解散を言わなきゃいけないのに、先を越された上、会見の二人はしどろもどろ。ひどい内容の記者会見だった」

塩谷氏は“脱税か?”、“議員辞職は?”と聞かれ「脱税ではなく還付金という認識で寄付を受けた」、「議員辞職の意思はない」と悪あがき。高木氏は「安倍元首相を慕い、亡くなった後も安倍派を名乗らせていただいきありがたかった。安倍さんに大変申し訳ない」と涙ながらに語って記者団を呆れさせた。

二人とは別に記者会見した西村氏も同様に、「安倍総理には申し訳ない」。安倍派の政治家がまず謝罪すべきは安倍晋首相ではなく国民のはずだが、最後まで本当の意味の「反省」はなかった。

◆   ◆   ◆

その後、西村氏は周囲を呆れさせる行動に出る。同氏の選挙区(兵庫9区)洲本市に住む関係者の話だ。
「21日の午後、地元で能登半島地震の募金活動をしていたところ、終わり頃になって『西村が来ている。待っててくれ』と連絡がありました。相変わらず自分勝手。その傲慢さに苛立ちながら待っていたら西村が来ました。そして記念撮影。彼は『自分は裏金はやっていない』と繰り返し言っていましたが、どうせ口先だけ。周囲も『はい、はい』という感じでしたね。何しにやって来たのか……」

◆   ◆   ◆

議員辞職を表明した谷川氏は、「力を付けたかった、大臣並みにカネを集めてやろうと思った。カネを集めることは政治家にとって偉くなることと思った」と「動機」を説明。大臣になるにはカネ次第と明かし、安倍派と自民党の裏側を暴露した格好となった。

「萩生田、世耕、高木ら5人衆は、もてはやされて調子にのり、『俺が会長だ』『総裁選に出るぞ』などと吹聴してきた。ところが裏金事件が表面化したとたん、雲隠れ。特捜部が捜査終結を会見すると、急に元気になって会見だ。しかし、多額の裏金をもらっていたことはバレバレ。西村や世耕は、影で『みんな、今こそまとまるべき』などとほざいていた。要は、『派閥を続けていこう』という意味ですよ。裏金を反省する気持なんて、これっぽっちもない」(前出・安倍派の衆院議員)

安倍派の内輪もめにほくそ笑むのは岸田首相だ。首相は、麻生太郎氏の麻生派、茂木敏充幹事長の茂木派、そして安倍派という3派の神輿になる形で政権を維持してきた。ある自民党の大臣経験者は、「岸田の乱」についてこう解説している。
「岸田総理は麻生派や茂木派が解散しないと拒絶するのも想定済みで、わざと岸田派の解散を根回ししなかったのでしょう。(総理は)麻生派や茂木派が存続する場合、人事とカネについての派閥の権限を取り上げるつもりじゃないか。存続の道を選ぶ2つの派閥は世論から叩かれ、大きくイメージダウン。麻生さんと茂木幹事長は守旧派とみなされ、抵抗勢力のレッテルを貼られる。つまり、茂木さんは、次期総理を目指すレースからから脱落するということ。カネとポストが得られないとなれば、派閥のうまみがなくなり、離れる議員も多くなるはず。そうなると総理候補となれる派閥の領袖が不在となり、今年秋の自民党総裁選で岸田再選が見えてくる。すでに安倍派は葬った。支持率が超低空飛行の岸田首相が、これしかないという手に打って出た、それが真相だ」

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1.  三つの衆議院補欠選挙がはじまった。最も注目されるのは東京15区。柿沢未途氏の公職選挙法違反事件を受…
  2. 二階俊博元自民党幹事長の「政界引退」記者会見から約1か月。同氏の地元である和歌山県にさらなる激震だ。…
  3. 在学生の自殺事案で賠償交渉の「決裂」が伝わった北海道立江差高等看護学院のパワーハラスメント問題で(既…
  4. 今月16日、衆院東京15区、島根1区、長崎3区の補欠選挙が告示される。アメリカを国賓として訪れていた…
  5.  2021年秋、新型コロナウイルスの療養施設内で、女性スタッフに対するわいせつ行為が行われた。わいせ…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る