裏金事件で揺れる和歌山県政界

自民党安倍派(清和政策研究会)をはじめとする派閥の裏金事件。国会で野党側の追及が激しさを増す中、和歌山の自民党県議が「岸田派、安倍派、二階派、さらには森山派まで解散することになった。茂木派も右へ倣えになりそうだ。だが、最もダメージを受けたのは我々の和歌山県じゃないか。特に世耕さんの責任は重い」とぼやく。和歌山の現状を取材した。

◆   ◆   ◆

自民党和歌山県連会長を務める二階俊博元幹事長の政治団体「新政経研究会」の会計責任者・梅澤修一秘書が、約3,500万円を政治資金収支報告書に記載しなかったとして政治資金規正法違反の疑いで略式起訴された。

さらに、和歌山で二階氏に対抗してきた世耕弘成前参院幹事長も1,500万円の不記載で表舞台から退場。和歌山県政界を二分してきた二階、世耕の両雄が、求心力を失う状況となっている。

これまで報じてきたように、東京地検特捜部が最後まで立件にこだわったのは西村康稔前経産相と世耕氏(既報)。その世耕氏は、なぜか安倍派解散の記者会見には出席せず、個人的に「私の事務所では資金の管理は完全に秘書に任せていた」と逃げを打った。

“政治とカネ”の問題が浮上する度、政治家が口にするのが「秘書が」「秘書が」という卑怯な責任逃れ。世耕氏は、まさにその典型例となった。

二階氏が築いていた牙城を崩すべく、世耕氏はこれまで何度も衆議院への転出を目論んできた。衆議院選挙向けのポスターや街宣カーまで準備していたことは、地元では周知の話だったという。

二階氏の力の源泉は、領袖として派閥を率いていたことだが、世耕氏も同様に、自民党の参議院議員を集めた「清風会」というグループの会長となったことで、二階氏と並ぶ和歌山の「2大巨頭」として存在感を高めてきた。しかし、二人とも裏金事件で信頼失墜。政治家としての先はなくなった。

安倍晋三元首相が凶弾に倒れた直後、地元の山口4区は混迷。支援者から「安倍元首相の存在が大きすぎて後継者がみつからない」との嘆きが聞かれたが、和歌山でも同様の状態だと、二階氏の支持者が肩を落とす。
「もし二階先生が引退に追い込まれたら、後継になれるのは先生の長男か三男さんだけです。しかし長男は、地元の御坊市長選で落選して政治家失格のらく印を押された人物。三男は航空会社ANAに勤務していたせいか物腰やわらかで性格はいいのですが、長男とは犬猿の仲。あえて言うなら三男が後継になるのが一番かと思うが、どうなることやら。まあ、世耕は論外ですよ」

昨年4月に行われた和歌山1区の補欠選挙では、世耕氏が選対本部長として衆院3期の実績がある門博文氏を擁立したが、維新の女性候補に大敗。前出の自民党県議が世耕氏を激しく非難する。
「世耕さんは、二階派の門氏を手なずけて補選に勝たせるつもりだった。その後安倍派に入会させて子分にし、自らは衆議院への転出を狙っていた。彼は二階先生には相手にされないが、先生の長男とは強固なルートがあるとも噂されています。補選の時に演説に世耕さんがやってくると、二階先生の長男が最敬礼で挨拶をしていました。世耕さんが衆議院に転出し、長男が参議院議員へという話も流れたほどでしたが、門氏が負けたことで水の泡。この時、世耕さんは参院幹事長として威張りまくっており、『楽勝だ』なんてあちこちで吹聴しまくっていたのに、維新の市議1年生に惨敗。和歌山では裏金事件の前から世耕さんを信用する人はいませんでした。だから、世耕氏が参議院議員のバッジを外して衆議院選挙に出るなんてことはできません。それより、『裏金にした1,500万円はどうしたんだ、何に使っていたんだ』という国民の声に応え、説明責任を果たすべきでしょう。

2大巨頭に大きくキズがついたため、混迷が広がる和歌山県。自民党和歌山県連の本部は和歌山市役所から徒歩数分のところにある3階建てのビルだが、賃貸ではなく、所有物件。登記簿上は「一般財団法人自由民主和歌山県連会館」の名義となっており、その代表理事は二階氏だ。

和歌山県連では、2年に1度のペースで政治資金パーティーを開催していたが、それは所有物件にかかる税金や光熱費、職員の給料などの支払いに充てるためだったという。政治資金パーティーの自粛が余儀なくされそうな状況になったことで県連職員にも懸念が広がったが、動いたのは二階氏だった。

「二階先生や世耕さんがこういう状態となり、県連の職員や関係者は正直、不安で仕方がありません。そうした状況を察したのか、二階先生は『キチンとやるから大丈夫だ』と連絡をしてきたようで、ホッとしています。世耕? なんの連絡もありませんわ」(前出・自民党の和歌山県議)

二階氏はすでに自身の政治資金収支報告書を訂正しているが、世耕氏の政治団体にはその形跡がない(1月22日現在)。世耕氏は、マンモス学校法人として知られる近畿大学の理事長でもあり、いわば教育者。近畿大学労働組合は、X(旧ツイッター)で世耕氏が近大創立100周年の募金を呼び掛けていることに疑問を呈した。

《裏金を作った挙げ句、「秘書が…」なんて情けない言い訳をする人が、大学理事長として100億円の募金を呼びかけてるって、みなさん信じられますか?》

《募金の一部が裏金に回されるのではないか?裏金がバレたら、募金担当者の責任にするのではないか?理事長が「秘書が秘書が」と言い張る限り、このような疑念を拭い去ることはできません》

問題は裏金だけではなさそうで、《今度は世耕理事長の不当労働行為が、大阪府労働委員会により認定されました。令和3年(不)第51号近畿大学事件です。もはや理事長辞任は待ったなし!》という投稿も確認されている。

裏金に不当労働行為と、追い込まれる一方の世耕氏――。二階氏と共に身を引く時期がきたようだ。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 2月29日と3月1日、自民党の裏金事件で政治倫理審査会が開催された。初日は岸田文雄首相と二階派の事務…
  2. 「あと2か月しかないのに、どうするのだろう三つの補選で0勝なら岸田降ろしどころでは済まない。…
  3. 正月気分が抜けきれない1月16日、西日本新聞朝刊に久留米商工会議所会頭本村康氏のインタビュー記事が掲…
  4. 幹部警察官による不当な捜査指揮や情報漏洩に揺れる鹿児島県警察が職員の不祥事の捜査記録の開示請求に「存…
  5. 岸田文雄首相のおひざ元である広島の自民党県連で会長代行を務め、「広島のドン」と呼ばれる中本隆志氏県議…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る