【新型コロナ】旭川刑務所で刑務官感染|経路不明、接触者は調査中

日本最北の長期刑者収容施設「旭川刑務所」は21日午後、同所に勤務する刑務官1人の新型コロナウイルス感染を発表した。感染経路などはわかっていない。

同所によると感染が確認されたのは、おもに夜勤などに就く20歳代の男性刑務官。7月14日に下痢症状があり、その日のうちに快癒したものの、4日を経た同18日の夕食時に味覚・嗅覚の異常を覚え、同日から自宅待機していた。上司の指示により同20日に市内保健所でPCR検査を受けたところ、陽性が判明、現在は指定医療機関に入院している。発熱などの症状はないという。

北海道内の刑務所などを監督する札幌矯正管区によると、管内の感染報告は4月15日に月形刑務所の男性刑務官の感染が確認されて以来2人目。いずれも感染経路などは特定できておらず、今回の旭川の刑務官についてはいわゆるクラスターが発生した場所への出入りなどもなかった。施設では日常的に手指消毒や検温、マスク着用などの対策を徹底していたといい、現在は濃厚接触者の特定を急いでいる。

村山智浩所長のコメント
「当所から新型コロナウイルス感染者が発生したことは、非常に残念です。所要の感染症対策をさらに徹底して参ります」

(小笠原淳)

【小笠原 淳 (おがさわら・じゅん)】
ライター。1968年11月生まれ。99年「札幌タイムス」記者。2005年から月刊誌「北方ジャーナル」を中心に執筆。著書に、地元・北海道警察の未発表不祥事を掘り起こした『見えない不祥事――北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(リーダーズノート出版)がある。札幌市在住。
北方ジャーナル→こちらから

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 札幌高裁で国家賠償請求訴訟の控訴審が争われている首相演説ヤジ排除事件で11月中旬、同訴訟の当事者など…
  2.  長い間、文字は支配者のものだった。彼らは文字を使ってルールを定め、統治した。その統治の正統性を謳(…
  3. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  4. 11月20日、G20などの外遊から帰国したばかりの岸田文雄首相が、政治資金問題で国会追及を受けていた…
  5.  今年7月の参議院議員選挙に出馬して落選した、国民民主党福岡県連の代表で元県議の大田京子氏が、福岡市…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る