産廃処理の落とし穴|運搬委託先の許可期限切れにご用心

山口県から産業廃棄物収集運搬業の許可を受けていた業者(以下、A社)が、5年に一度の許可更新を忘れ、許可期限を過ぎた状態で営業していたことが関係者への取材で分かった。無許可で営業すれば、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (廃棄物処理法)」違反とみなされ、「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはこの併科」となる。

さらに運搬を委託する排出事業者には委託先の許可期限を確認する義務があるが、これを怠っていたため、排出元も廃棄物処理法違反(委託基準違反)に問われる可能性がある。廃棄物が自社から離れてしまっても、それで終わりではないのがこの業界。委託基準違反にも、「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金またはこの併科」という厳しい罰則がある。

一般的な産業廃棄物の処理過程には、排出事業者、運搬業者、中間処理業者、最終処分業者といくつもの業者が存在する。それぞれの業者が責任をもって、適正な廃棄物処理をすべきなのだが、トラブルが起きた場合には複数の業者が責任を問われる仕組みになっている。

うっかりミスでも法律違反は影響が大きい。問題を起こしたA社が出入りしていた大手化学メーカー「宇部興産」は、取引先に対し、産業廃棄物処理に関するコンプライアンス遵守の徹底を求める文書を通知。再発防止の徹底を促しているという。

(東城洋平)



関連記事

注目したい記事

  1. 北海道・帯広の裁判所で、冤罪被害者が警察の不当捜査を訴えた裁判が佳境を迎えている。原告の男性は身に憶…
  2. 本年4月に刑務官1人の新型コロナウイルス感染を確認した北海道・月形刑務所が11月18日、新たに受刑者…
  3. ヒグマ駆除に伴う猟銃使用許可取り消し問題( https://news-hunter.org/?p=3…
  4. 任期満了に伴って行われる鹿児島市長選挙の情勢を探るため、HUNTERが今月14日から15日にかけて実…
  5. 衆議院沖縄1区の自民党が揺れている。前回の総選挙で敗れながら比例復活した現職の國場幸之助氏は、暴力事…




本日の記事

  1. 2020-11-25

    訴えられた北海道警|冤罪被害者が違法捜査問い提訴 

    北海道・帯広の裁判所で、冤罪被害者が警察の不当捜査を訴えた裁判が佳境を迎えている。原告の男性は身に憶…

ページ上部へ戻る