指宿市・暴行被害の女性教諭に心無い誹謗中傷|疑われる「隠蔽」と背後の影

今年9月に鹿児島県指宿市の公立小学校に勤務する20代の女性教諭が、同僚で30代の教務主任に呼び出されて体を触られるなどの暴行を受けて傷を負った問題を巡り、学校関係者や地域の中で「女性教諭が男性教諭をハメた」などという根も葉もない噂が流されていることが分かった。

噂には何の根拠もなく、明らかな捏造。被害女性は二次被害にあっている形だが、事実関係を知る学校長や教育委員会が説明を拒んでいるため、加害者男性を助けたとしか思えない悪質なデマが拡がっている。

■被害女性に鞭打つ指宿市の腐った現状

「あの事件は、女の先生が○○先生をはめたらしいよ」――。今月に入って、保護者ら学校関係者の間でそうした噂話が交わされるようになったという。

学校長と教育委員会、地元警察以外で当事者の女性教諭から話を聞いた人間はおらず、一方的な言いがかり。しかし、このフェイクニュースはその後、学校関係者以外のところへと広がっている。

指宿市に住む別の市民は、指宿市内の飲食店経営者から「女の先生が男の先生をハメた」「南日本新聞の記者も、警察は事件性はないとみていると言っていた」などと聞かされ、すっかりそのでっち上げを信じたという。その市民が、取材経過を説明したHUNTERの記者に、こう語る。
「女性教師は暴力を振るわれ傷を負ったと聞いていたので、当然警察が男性教師を捕まえるなりするんだろうと思っていました。ところが、学校側や教育委員会からは何の発表もないというし、警察の動きも分からない。そこに、男性教師がハメられたという話でしょ。警察や新聞記者まで事件性がないと言っているようなら、たいした話ではなかったんだと思っていました。ところが、よく聞いてみると、どうみても教務主任の立場を利用した卑劣な犯罪行為。まさに女性の敵の所業ですよ。それなのに、加害者を助け、被害者に鞭打つような『女の先生が男の先生をハメた』などという悪質なデマが横行する指宿――。腐っていますよね、このまちは。一体誰がデマを流しているのか、徹底的に調べて発信源も暴いて下さい」

■事件経過

女性教諭の名誉のため最初に断っておくが、学校の中では校長、教頭に次ぐ地位にあたる教務主任を務めていた男性教諭が、立場を利用して女性教諭を呼び出し、自分の部屋に連れ込んだあげくに、性的な暴行を加えようとしたのは紛れもない事実。この点については事件発生後、男性教諭自身が女性教諭の両親と、学校長、教頭らの前で事実関係を認め謝罪している。争うべき点などないはずだが、改めて事件当夜に何が起きたのか確認した。

事情を知る関係者によれば、事件当日の模様は、およそ次のような展開だったという。

・教務主任として女性教諭を指導する立場だった男性教諭は今年9月、“身内からもらった果物をあげる”と申し向け、アパートの号室を教えて女性教諭を自宅に呼び出した。

・すぐに帰ろうとする女性教諭を言葉巧みに自室に引き入れ、果物を渡すことなく一方的に学校のことなどを話し始め、ビールまで飲み出した。

・不安を覚えた女性教諭が帰ろうとして靴紐を結んでいたところ、男性教諭が女性の腕をつかんだり、身体を触るなどしてきたため、叫んで外に出ようとした。

・男性教諭は強い力で女性教諭を引き戻し、部屋の鍵をかけた上で、わいせつな行為に及ぼうとした。

・女性教諭はあきらめかけたが、男性教諭が油断した一瞬をついてその場を逃れ、ドアを開けて両親らに救いを求める電話をかけた。

女性教諭は、日を置かず校長にも事の顛末を報告。激怒した女性教諭の両親と校長が、加害者教諭から二度にわたって事情を聴いていた。

この時、女性教師に何をしたのかと問い詰められた教務主任は、わいせつにあたる行為だったことを認めた上で女性教諭の両親に謝罪したという。

■杉田水脈「女性はいくらでも嘘をつける」に通底する指宿市のクズたち

加害者自身が女性教諭に行った犯罪行為を認めているにもかかわらず、なぜか学校側は保護者への説明を拒み、市教委と県教委は処分を遅らせる。この間、子供たちに慕われる若い先生がが卑劣な暴行被害にあったというのに、指宿市の豊留悦男市長からの情報発信は皆無で、地元メディアも報じる気配さえない。

そこに『女の先生が男の先生をハメた』というデマ情報――。教育界特有の「隠蔽」の臭いさえする状況だが、もう一つ、忌まわしい事例が想起される。

指宿市で問題の暴行事件が起きた9月、自民党の杉田水脈衆議院議員が性暴力被害についての議論の中で、「女性はいくらでも嘘をつける」と発言。性被害にあった弱い立場の女性を侮蔑し、二次被害を与えるものだとして世論の厳しい批判を浴びた。

いまも杉田氏の議員辞職を求める運動が続いているが、この自民党のセンセイは雑誌への寄稿文で、《(LGBTのカップル)は子供をつくらない、つまり『生産性』がない》と述べたり、元TBS記者の山口敬之氏に女性ジャーナリストの伊藤詩織さんが性被害を受けたことことに関し、「伊藤詩織さんが記者会見を行って、ああいう嘘の主張をした」などと発言していた。暴行被害を受けた女性教諭に対する指宿市内の無責任な噂には、一連の杉田発言と通底するものがある。つまり、人間的にはクズということだ。

■懸念される「隠蔽」、蠢く背後の影

事件が起きたことを受けた各地の教育委員会が、“処分”を遅らせたり、問題を「なかったこと」にして隠ぺいを図るケースが後を絶たない。指宿の加害者教諭は、有名な大会に出場経験があるスポーツマンで、身内に教育関係者がいるという。なぜ愚かな犯罪行為に走ったのか分からないが、被害を受けた女性教諭の心には、生涯消えぬ傷が残ったのは確かだ。事実関係も知らない部外者が、なぜ被害者を誹謗中傷しなければならないのか――。じつは、背後にある権力者の影を、感じ取っている関係者は少なくない。



関連記事

注目したい記事

  1. 本年4月に刑務官1人の新型コロナウイルス感染を確認した北海道・月形刑務所が11月18日、新たに受刑者…
  2. ヒグマ駆除に伴う猟銃使用許可取り消し問題( https://news-hunter.org/?p=3…
  3. 任期満了に伴って行われる鹿児島市長選挙の情勢を探るため、HUNTERが今月14日から15日にかけて実…
  4. 衆議院沖縄1区の自民党が揺れている。前回の総選挙で敗れながら比例復活した現職の國場幸之助氏は、暴力事…
  5. 今年9月に鹿児島県指宿市の公立小学校に勤務する20代の女性教諭が、同僚で30代の教務主任に呼び出され…




本日の記事

  1. 2020-11-24

    刑務所で初の「クラスター」|北海道・月形で5人感染

    本年4月に刑務官1人の新型コロナウイルス感染を確認した北海道・月形刑務所が11月18日、新たに受刑者…

ページ上部へ戻る