「江差高等看護学院の正常化を求める父母の会」がホームページ開設

複数の教員による集団パワハラで多数の被害者が出ていることが明らかになった北海道立江差高等看護学院の保護者らが立ち上げた「道立江差高等看護学院の正常化を求める父母の会」が、ホームページを開設し、ネット上で公開した。

「道立江差高等看護学院の正常化を求める父母の会」https://esashi-seijo.main.jp/

ホームページでは、同会の趣旨やこれまでに分かった被害実態、活動状況などを紹介。その上で、鈴木直道北海道知事に求める次の2点について、賛同の署名を呼びかける内容となっている。

◆道庁がパワハラの事実を認め、関係教員を処分するよう求めます。
◆理不尽な理由で留年を余儀なくされるなど不当な処遇を受けている学生の救済を求めます。

署名はホームページ上で簡単に済ませることが可能。さらに、江差高等看護学院と紋別高等看護学院で行われたパワハラ事案についての被害告発や情報提供を受け付けるメールアドレスも公開している。

パワハラの被害告発・情報提供はコチラまで⇒ mail@esashi-seijo.main.jp

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  2. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  3. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  4.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…
  5. 札幌高裁で国家賠償請求訴訟の控訴審が争われている首相演説ヤジ排除事件で11月中旬、同訴訟の当事者など…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る