県町村会長・永原譲二大任町長がひた隠すコロナ感染|正月、知人女性らと別荘で

福岡県町村会の会長を務める田川郡大任町の永原譲二町長が、今年1月に新型コロナウイルスに感染し、入院していたことが分かった。永原町長のコロナ感染は極秘扱いされ、役場の幹部にも知らされていなかった。

関係者の話によれば、永原町長は今年正月、知人女性ら6人ほどの親しいメンバーと大分県内にある身内の別荘に滞在。5日に地元の病院で陽性の判定を受け、11日から田川市内の病院に入院したという。

町長は重症化しなかったものの、別荘に同行していたメンバーの内、永原氏を含む少なくとも7人が感染していた。一連の出来事について、複数の関係者が「間違いない」と明言している。

ハンターは先月、永原氏に対し質問書を送付。感染の有無、公表しない理由、感染時期や感染経路、感染場所などについて回答を求めたが、何の反応もなかった。

ハンターの確認に対し大任町の総務課は10日、「行政としては把握していない」という微妙な言い回しで認否を回避。クラスターと判断されてもおかしくない事例だったが、コロナ患者の動向を確認するという、役所の責任を放棄した格好だ。

では、永原町長はなぜコロナ感染を隠さなければならないのか――。実は、その答えにこそ最大の問題が隠されている。

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 今夏の参議院議員選挙に出馬して落選した国民民主党福岡県連の大田京子代表が、違法ポスター問題で醜態を演…
  2. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  3. 国会議員であれ地方議員であれ、政治家は法令を作る側の立場にある。そうした人たちが、法律や条例の規定を…
  4. 旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)に対し宗教法人法による「質問権」を行使したことを、永岡桂子文部…
  5.  この11月に創刊80周年を迎えたブロック紙・北海道新聞(札幌市、宮口宏夫社長)で、同社労働組合が実…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る