「国葬」批判に「黙ってろ」|「蛮人」投稿の議員がまた問題投稿

本サイトで7月下旬に報告した北海道議会議員によるツイッターへの不適切投稿問題で、首相演説ヤジ排除事件の国賠原告らを名指しで「蛮人」と誹謗した与党系議員が目下、新たな投稿で“炎上”状態となっている。インターネット上では蛮人発言に輪を掛けて批判の声が集まっているが、本人は現時点で反論の投稿などをしていない。

◇   ◇   ◇

問題のツイートを書き込んだのは、北海道議会の道見泰憲議員(自民、札幌市北区)。8月28日午後、「(安倍晋三氏の)国葬に反対する方々にお伝えしたい」と書き出した投稿を「黙ってろ」との暴言で締め括り、国葬を批判する人たちを挑発する内容だった。(*下の画像参照)

この投稿がネット利用者らに“発見”されたのは、9月初旬。ツイートはまたたく間に拡散され、7日午前の時点で本人アカウントのフォロワー数を軽く超える8,000以上の「リツイート」がついている。もとの投稿への返信を伴う「引用リツイート」は3,000件に迫る勢いで、付されたコメントは「民主主義への挑戦」「命令される覚えはない」「お前が黙ってろ」「何様ですか」など、道見氏の投稿を批判する内容が多くを占めている。

渦中の道見氏は先の「蛮人」発言が問題となった7月下旬、筆者の取材に応じた際に「与党と逆の立場でもヤジは迷惑なはず」と、次のような主張を口にしていた。
「たとえば今、デモで『国葬反対』とギャアギャア言ってる人たちだって、ヤジを飛ばされたら嫌でしょう」

また話題が「言論・表現の自由」に及んだ際は「自分自身はその自由を主張しない」とも話していた。
「(「蛮人」投稿は)政治家としての発言ですが、言論の自由とかは主張しません。そういう権利に頼って好き放題に言い散らそうとは思わない、ということです」

この時の発言に従うなら、今回の「黙ってろ」投稿も言論の自由とは別の何かに立脚する言動のようだが、それが何なのかは知る由もない。札幌市内にある道見氏の事務所は、7日午前の時点で電話が繋がらない状態が続いている。

(小笠原淳)

【小笠原 淳 (おがさわら・じゅん)】
ライター。1968年11月生まれ。99年「札幌タイムス」記者。2005年から月刊誌「北方ジャーナル」を中心に執筆。著書に、地元・北海道警察の未発表不祥事を掘り起こした『見えない不祥事――北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(リーダーズノート出版)がある。札幌市在住。

 

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 国の指導を無視し、町発注工事の入札情報を非開示にして「違法状態」を続けてきた永原譲二福岡県大任町長の…
  2.  新年早々、世間を騒がせることが好きな自民党の甘利明元幹事長が、消費増税を示唆して批判を浴びることに…
  3. 学問の世界では、ある時期に定説として扱われた学説が後に覆されることはよくあることである。新しい事実が…
  4. 今月19日、東京地検特捜部が東京都千代田区の「トライベイキャピタル」(三浦清志社長)という投資会社や…
  5. 長年、選挙に関わってきたことで、対立候補のスキャンダルなどを記した様々な「怪文書」を見てきた。どれも…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る