どうなる?日本維新の会と公明党

先月25日、日本維新の会が大阪市内で常任役員会を開催。馬場伸幸代表は、「(大阪と兵庫の)6小選挙区について取り扱いを話し合って、候補者を擁立すべきとの結論を承認した」と発言。翌日記者会見した大阪維新の会代表の吉村洋文知事も、「6小選挙区からの候補者擁立は決定事項」と述べた。

これまで国政では「自公」の枠組みで連立政権が続いてきたが、大阪と兵庫だけは「維公共闘」。維新は、公明党の有する大阪3、5、6、16区と兵庫2、8区の6小選挙区に候補者を擁立してこなかった。その大阪限定の「維公共闘」が崩壊した瞬間だった。

◇   ◇   ◇

大阪府知事選や大阪市長選に加え、奈良県知事選、衆議院和歌山1区の補選でも勝利するなど快進撃を続ける維新。これまで、同党の目玉政策である「大阪都構想」の実現のため公明党と手を組んできたが、大阪府議会と大阪市議会で過半数を獲得。公明に譲歩する必要性がなくなっていた。「大阪都構想では大阪市議会での過半数が必要だったので、公明党の協力が必要だった。その代わり、公明党の6小選挙区には維新の候補を擁立しなかった。ここに来て公明党にお願いすることがなくなった。全会一致で(6選挙区での候補者擁立が)決まった」と馬場代表は公明を突き放した。

維新の大阪府議がこう話す。
「大阪都構想で住民投票を2度やった。議会で公明党が協力してくれたのは事実。しかし、住民投票という最後の決戦では公明党はまったく役に立たなかったのが正直なところ。地方議員レベルでは、なぜ公明党にそこまで気を使うのかと幹部に対して文句が出ていた。これで公明党には気兼ねすることがなくなった」

しかし、岸田文雄首相が解散総選挙を秋以降に先延ばししたことで、今後の政局は五里霧中。衆議院選挙が秋にあるのかそれとも来年になるのかは、岸田首相以外わからない。

そうした中、公明党は6小選挙区の候補者を発表し、維新と激突する態勢を整えつつある。「負け覚悟で、維新とは正面から戦うしかない」と公明党の大阪市議は消え入りそうな声。公明党の支持母体、創価学会の幹部も「このままだと、6小選挙区は全敗するかもしれません。2021年の衆院選では比例区で3議席でしたが、小選挙区に出馬する候補者を優先するか単独比例の人を処遇するか、まったく決まってません。1956年に創価学会がはじめての国政選挙――参議院選挙で当選者を出したのが大阪。やがて『常勝関西』と呼ばれるようになりました。選挙は秋以降でしょうから、このまま黙っているわけにはいかないのですが……」と暗い表情だ。

維新の常任役員会直前、「公明党の幹部と馬場代表が極秘で会談」、「6つのうち3つくらい、なんとかならないだろうかと(公明が維新に)相談をした」という情報が流れていた。とりわけ公明党がこだわっているのが大阪3区。現在は、佐藤茂樹衆議院議員が当選を重ねている。前出の創価学会の幹部が次のように解説する。
「1952年、大阪市西成区の旅館で関西の創価学会が結成されました。そこには当然、池田大作名誉会長がいたわけで、関西の創価学会発祥の地と呼ばれており、特別な選挙区となっています。大阪都構想に賛成した背景には、西成区が含まれる大阪3区で確実に議席を確保したいという狙いがあったのです。今回も、あきらめるわけにはいきません。最後まで維新と交渉したい」――その上で、「一縷の望み」にかけていると語り「頼みの綱は吉村知事だ」という。

これまで吉村知事は、「大阪都構想には挑戦しない」と語ってきた。しかし、統一地方選直後の会見では「もし大阪都構想に3度目の挑戦をするなら、なんらかの民主的なプロセスが必要だ。(統一地方選を通じて)3度目に挑戦すべきだという声が多かったことは受け止めています」と言い回しを変えている。

「維公共闘」撤回の記者会見でも吉村知事は、「厳しい選挙になる」「公明党の選挙の強さはよくわかっている」と何度も繰り返した。そして「公明党の優秀な政策は大阪府でも、大阪市でも反映してきました」と公明党を持ち上げてみせた。創価学会幹部が、期待を込める。
「維新の大阪の地方議員は、口々に大阪都構想の住民投票で公明党は役に立たなかったとディスっています。しかし、2度目の住民投票では山口那津男代表まで大阪入りして支持を訴えました。当然、公明党の支持者の多くが大阪都構想に賛成票を投じています。ここで完全にうちを切るなら、3度目の住民投票では反対にまわることになるでしょう。まだ総選挙までには時間があり、話はできます。つまり、3度目の大阪都構想に協力するということで、維新の譲歩を引き出せないのかと……。なんだかんだ言っても維新は吉村知事の影響力がダントツ。かつての橋下徹氏をしのぐほどですから、そこを崩せればいいのですが」

2度の住民投票で「NO」を突き付けられた大阪都構想には、関連経費を含めて90億円近い税金が投じられている。政党間の駆け引きの道具に都構想を持ち出すのは、国民を愚弄する行為だと思うが……。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 2019年に起きた首相演説ヤジ排除事件で、警察に表現の自由を侵されたとして国家賠償請求裁判を闘ってい…
  2. 鹿児島県警の警察官による“公益通報”の捜査が進んでいた今年4月、事件に関連して家宅捜索が行わることや…
  3. 自民党の裏金事件を受けた政治資金規正法の改正案は6月5日に衆議院で採決が行われ、公明党と日本維新の会…
  4. 各種選挙において、聞こえはいいが実は公選法違反になりかねない「一本化」工作。腐敗した県警組織の問題で…
  5. 7月7日に投開票される東京都知事選。立憲民主党の蓮舫参議院議員が先行して出馬表明したが、現職の小池百…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る