新型コロナで失政露呈|鹿児島県知事がFBに投稿した本当の病床数とPCR検査件数

12日に投開票される鹿児島県知事選挙の候補者アンケートに答えた三反園訓知事が、新型コロナウイルスに感染した患者を収容する病床数やPCR検査の件数を偽って回答した疑いが出ている問題で、知事の公式フェイスブックにアンケートの内容とは全く違う数字が投稿されていたことが分かった。投稿したのは、知事本人である。

■候補者アンケートでは病床数「253」、PCR検査件数「279」

下は、地元紙「南日本新聞」4日朝刊の候補者アンケートに掲載されたで新型コロナに関する三反園氏の回答。病床は「253床」、PCR検査は「279人分」と明記されていた。

今月に入って県内一の繁華街・天文館にあるニューハーフバー「NEWおだまLee男爵」から広がった新型コロナの感染者は、1日から5日までの合計で87人。「253床」あれば全員が入院できるはずだがったが、実際には「待機」の患者がいたため県の担当課に取材したところ、病床はまったく足りておらず、PCR検査も一日に147件しか実施できないという現状であることが分かっていた(6日既報)。

■知事公式FBでは病床数「80」、検査件数「147」

一方、三反園知事は4日、県知事の公式フェイスブックに投稿。その中で、「入院可能な病床を80床確保し、PCR検査を147人まで行える体制を確保しています」と明記していた。(*下の画像参照)

県内一の部数を誇る南日本新聞の候補者アンケートは、多くの県民が読んでおり、「253床」と「279人分」が認知された形。しかし知事は、自らその数字を否定する内容のフェイスブック投稿を行っており、自分で自分のウソを暴いてしまった格好となっている。

選挙のためなら平気で嘘をつくのが三反園流。多くの県民の脳裏に、4年前に「脱原発」を掲げて初当選した知事の姿が蘇っているに違いない。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 2017年1月、大阪府豊中市に設立予定だった学校法人森友学園の「瑞穂の國記念小學院」。国有地が8億円…
  2. テレビコメンテーターとして知られる国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫、三浦清志氏が経営する投資会社「トライ…
  3. 夫の会社の家賃を政務活動費と政治資金で按分支出していた国民民主党福岡県連代表の大田京子元県議に対し、…
  4. 5日に投開票が行われた北九州市長選挙で、自民、公明、立憲民主、国民民主の各党に加え、労働組合「連合」…
  5. 任期満了に伴う北九州市長選挙は5日、投開票が行われ、元厚生労働省官僚の無所属新人・武内和久氏(51)…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る