【速報】鹿児島県警情報漏洩、流出情報さらに拡大|延べ450件超に

鹿児島県警の捜査情報が大量に漏洩した問題で、複数回にわたってハンターが入手した「告訴・告発事件処理簿一覧表」(以下、「一覧表」)を改めて精査した結果、流出した個人や法人、団体の情報が、前回報じた件数を大きく上回ることが明らかとなった。

◆   ◆   ◆

一覧表に記載されているのは、民間関係者の生年月日、告訴もしくは告発事案の概要、捜査状況など。前稿配信時の流出情報は、警察官を含め延べ350件を超える個人及び法人名だった(既報)。その後にハンターが入手した一覧表の情報を加えて精査したところ、流出した情報は延べ458件。大幅に増えている。

鹿児島県警は今月18日、これまで認めていた4件の事案の他に、新たに流出した告訴・告発事件処理簿一覧表があることを発表。50人態勢で調査するとしていた。

先週、県警が「調査の一環」(県警の担当者)としてハンターの記者に面会を申し入れてきたため、26日に時間を空けて会う約束を交わしていたが、県警側は25日になって多忙を理由に一方的にキャンセル。ハンターの協力申し入れを拒絶した時同様、相変わらずの不誠実な対応をみせている。迷走しているということだ。

繰り返し述べるが、県警がまず着手すべきは、情報漏洩の発端となった強制性交事件の捜査が適正だったか否かの検証。不当捜査を主導したとみられる井上昌一刑事部長は3月で退任するというが、それで幕引きというわけにはいかない。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 二階俊博元自民党幹事長の「政界引退」記者会見から約1か月。同氏の地元である和歌山県にさらなる激震だ。…
  2. 在学生の自殺事案で賠償交渉の「決裂」が伝わった北海道立江差高等看護学院のパワーハラスメント問題で(既…
  3. 今月16日、衆院東京15区、島根1区、長崎3区の補欠選挙が告示される。アメリカを国賓として訪れていた…
  4.  2021年秋、新型コロナウイルスの療養施設内で、女性スタッフに対するわいせつ行為が行われた。わいせ…
  5. 裏金事件で岸田文雄政権と自民党が大きく揺れる中、岸田首相は8日、アメリカでバイデン大統領と会談するた…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る