【怒れ!大任町民】永原町政、血税私物化の実態(下)|ペーパーと側近業者、4年2か月で町発注工事の6割超・約43憶円を独占

昨年、福岡県大任町はハンターとの裁判に負け、それまで隠していた2017年度から2021年6月までの公共工事入札結果を開示した。4年2か月間の発注件数は372件、総額は68億8,617万2,000円に上る。開示された入札結果表を精査した結果、このうちの6割以上の工事を実態のないペーパー業者側近業者が占めるという、異常な建設行政の実態が浮かび上がった。その他のほとんどの工事にしても、受注しているのは永原氏が主導する談合組織「田川政策研究会」の会員業者だとみられている。国民の血税が永原暴力町政の資金源となり、福祉や子育て、水道料金などに回せるはずの予算が、無駄に費消されている可能性が高い。

■4業者が利益独占か

長々と説明する必要はあるまい。これまで報じてきたように、たった4年と2か月の間に、建設資材どころかスコップの1本さえ保有していないペーパー8業者が全体の約36%の工事を受注。実際の工事は、別の永原系の業者に丸投げしていた(既報1)。

4つの側近業者の工事受注率は全体の約27%だが、ペーパー業者が落札した工事の下請けとして実務を担い、表面化しにくい「利益」を得ていたとみられている(既報2)。

下の表にまとめた通り、ペーパー業者と側近業者の工事受注率は合わせて約63%。酷い年は、7割近くの町発注工事を独占していた。

金額でいけば、372件・68億8,617万2,000円の発注工事のうち、187件・42憶9,599万3,000円をペーパーと側近の12業者で占めていた計算になる。異常という他ない。

■失政の証明

町発注工事に多額の税金をつぎ込み、業者を手なずけというのは古い首長の政治手法だ。たしかに建設業関係者は潤うが、大任町の場合は利を得る業者がたったの12業者。それも多額の利を得ているのは永原町長の側近らが代表の4業者に過ぎない。いびつな建設行政がもたらすのが“暗い未来”であるということに、大任町民は気付くべきだろう。

かつて炭鉱で栄えた筑豊地域の地盤沈下は激しく、域内の人口は減り続けてきた。政治や行政に求められているのは新たな産業や事業、そして未来への希望の創出だが、大任町でそうした施策は何一つ実行されていない。道の駅に1億円のトイレを作ろうと、1個4,000円のケーキを町民にばら撒こうと、町は活性化しないのだ。その証拠が下のグラフ。

永原氏が町長に初当選したのは2005年。住民基本台帳や国勢調査などデータの出典によって若干違うものの、人口減少に歯止めがかかるどころか減る一方であることは確かだ。これは「失政」の証しでもある。

建設行政やし尿処理行政を私物化し、自分の義弟が選挙で負けた田川市の市長や市議らに難癖をつけ、身勝手な理屈を並べて争いの種をまき続ける永原氏――。大任町民は、いつまで彼の独裁を許すのだろうか?

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1.  2023年2月に鹿児島県霧島市で起きたクリーニング店で働く20代の女性に対するストーカー事件。霧島…
  2. 今年3月、兵庫県の前西播磨県民局長W氏が斎藤元彦知事のパワハラ、公職選挙法違反、贈収賄などの疑惑を内…
  3. 2023年2月に鹿児島県霧島市で起きたクリーニング店で働く20代の女性に対するストーカー事件。鹿児島…
  4.  「警察官のストーカー被害にあった女性が、再三にわたり県警本部に事件の詳細な説明と謝罪を求めています…
  5. 今月11日、ハンターに鹿児島県警の内部情報である犯歴や告訴告発事件処理簿一覧表を渡したとして守秘義務…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る