【肉声データ独自入手】大阪府池田市「サウナ市長」の恫喝発言

家庭用サウナを市役所に持ち込んでいた大阪府池田市の冨田裕樹市長。「サウナ市長」として名が知れ渡ると、タクシーの私的利用やパワハラ疑惑、更には情報をリークした犯人探しを始めていることまで報じられており、いよいよ四面楚歌となっている。

ハンターでは4月2日、冨田市長のパワハラ疑惑として「大阪府・冨田裕樹池田市長、サウナの次は恫喝発言」を報じたが、今回はその音声データを公開する。

「その筋の人」を想起させる迫力。さすがにこの音声を聞くと、「恫喝」という言葉が大げさではないということは分かる。

ハンターではさらに取材を続け、新しい情報やデータが入り次第、記事を配信する予定だ。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 札幌高裁で国家賠償請求訴訟の控訴審が争われている首相演説ヤジ排除事件で11月中旬、同訴訟の当事者など…
  2.  長い間、文字は支配者のものだった。彼らは文字を使ってルールを定め、統治した。その統治の正統性を謳(…
  3. 鹿児島県医師会(池田琢哉会長)の男性職員(10月末で退職。以下、「男性職員」)が、新型コロナウイルス…
  4. 11月20日、G20などの外遊から帰国したばかりの岸田文雄首相が、政治資金問題で国会追及を受けていた…
  5.  今年7月の参議院議員選挙に出馬して落選した、国民民主党福岡県連の代表で元県議の大田京子氏が、福岡市…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る