カテゴリー:政治・行政

  • 「安倍王国」山口4区で異変 

    4月23日に投開票される衆参5つの補欠選挙で最大の注目区となっているのは、昨年7月に銃撃を受けこの世を去った安倍晋三元首相の衆議院山口4区だ。 自民党が「安倍一族」の代理人として擁立したのが元下関市議の吉田真次氏。…
  • 風雲急を告げる和歌山1区

    統一地方選の前半戦では、大阪府知事選、大阪市長選、さらには奈良県知事選などで圧勝した維新の躍進が目立った。後半戦の目玉は、6日に告示された参院大分と11日に告示された山口2区、同4区、和歌山1区、千葉5区の五つの補欠選挙…
  • 維新に惨敗の大阪自民、敗因の一つは“ディズニー誘致”

    9日、統一地方選前半戦で最も注目されていた大阪府知事選と大阪市長選のダブル選挙が行われ、即日開票の結果、大阪府は維新現職の吉村洋文氏が、大阪市長には新人の横山英幸氏が圧倒的な強さを見せつけ当選した。 これまで維新が…
  • 起訴された三浦瑠麗氏の夫|注目は大樹総研を巡る捜査の行方

    東京地検特捜部は先月27日、国際政治学者・三浦瑠麗氏の夫で、再生可能エネルギー投資会社トライベイキャピタルの代表者・三浦清志被告を、業務上横領容疑で起訴した。今後、事件の舞台は法廷に移る。 清志被告は容疑を否認し続…
  • お膝元、新広島4区で「爆弾」抱えた岸田首相

    ウクライナへの電撃訪問に続き、5月には広島サミットという大舞台に臨む岸田文雄首相。支持率も下げ止まり政権維持への道に光が差したかのように見えるが、肝心のおひざ元である広島が炎上している。 ◇   ◇   ◇ …
  • 大阪ダブル選、維新が他候補を圧倒する勢い

    今月9日に投開票を迎える大阪府知事と大阪市長を選ぶ「ダブル選挙」。維新VS非維新の構図だが、維新の優位は動きそうにない。 ◇   ◇   ◇ 大阪維新の会は、府知事に現職の吉村洋文氏、大阪市長には政界引退を表…
  • 衆・参補選、現実味帯びる「2勝3敗」

    全国で統一地方選の前半戦がスタートした。後半には岸田政権の真価が問われる衆・参五つの補欠選挙も行われるが、「2勝3敗」が現実味を帯びる展開となっている。 ■有田氏出馬で注目の山口4区 ある自民党の大臣経験者は、「岸田…
  • 千葉5区補選で注目される「令和のハマコー」

    昨年12月、自民党の薗浦健太郎前衆議院議員が公職選挙法違反の罪で略式起訴され、東京簡易裁判所から罰金100万円、公民権停止3年の処分を受けた。政治資金パーティーの収入を政治資金収支報告書に記載せず裏金化していたという「政…
  • 有田芳生氏出馬で風雲急の山口4区|野党側が狙う「旧統一教会」の争点化

    3月5日、岸田文雄首相の姿は、東京から遠く離れた山口県下関市にあった。4月末の衆院山口4区の補欠選挙に出馬する自民党公認候補の応援のためだ。 昨年7月、安倍晋三元首相が凶弾に倒れたことで補選となった山口4区を訪れた…
  • 二階派・三反園訓衆院議員|削除された「反党行為」の証拠画像

    鹿児島県指宿市を騒然とさせている会社社長・米倉由晋氏の経歴詐称問題が、思わぬ方向に飛び火。昨年3月に自民党二階派に入会し、同党への入党を目指している三反園訓衆議院議員に、「反党行為」を咎める声が上がっている。 ■為書き…




注目したい記事

  1. 6月20日告示、7月7日投開票の東京都知事選に、現職の小池百合子知事が3選を目指して立候補する意向を…
  2. 兵庫県洲本市のふるさと納税を巡り、ハンターはこれまで、事件性のある事案であること報じてきた(既報)。…
  3. ヒグマの駆除をめぐり、にわかに大きな議論を呼んでいる北海道の自治体と地元猟友会との確執。今月中旬から…
  4. 2017年、国は高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)を最終処分する用地の適性を4段階で評価し、日本地図上…
  5. ハンターの勝訴によって、永原譲二大任町長が公開を拒んでいた2017年度~2021年6月までの入札結果…
LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る