カテゴリー:僭越ながら「論」

  • 「文春砲」への懐疑

    週刊文春が、菅義偉首相の長男が絡んだ放送関連会社「東北新社」による総務省幹部への接待疑惑に続き、NTTの役員と同省幹部との間で繰り返されていた接待問題も暴いた。「文春砲」の砲弾が霞が関を飛び越えて永田町にまで届いた形で、…
  • 「10年ひと昔」東日本大震災と劣化する日本

    東日本大震災から10年、今年も「3.11」が巡ってきた。私たちは、“震災から○年”と指を折ることができるが、津波に飲み込まれて亡くなった人たちは、震災を振り返ることはもちろん、家族との楽しい思い出を語り合うこともできない…
  • 【福岡知事選】「利益誘導」・「土建屋行政」への嫌悪感

    3日、福岡県の服部誠太郎副知事が、小川洋知事の辞任に伴う県知事選挙に出馬することを表明した。「自民党県議団」、「民主県政県議団」(旧民主党系)、「緑友会」(農政連系)の県議会主要3派が立候補要請をしたこと受けての決意表明…
  • 「知事不在」で揺れる福岡県政

    肺の疾患で入院中だった小川洋福岡県知事が「肺腺がん」であることを、県が会見を開いて公表。主役であるはずの県民を置き去りに、知事の辞任を前提とした県内の“政局”が一気に動き出した。 しかし、県のホームページ上に掲載さ…
  • 「菅・河野」神奈川コンビへの抵抗感

    7割という驚異的な支持率でスタートダッシュに成功したかにみえた菅義偉内閣が、新型コロナウイルス対策で躓き、失速した。 一連のGO TOキャンペーンで感染拡大を招き、緊急事態宣言の再発出に踏み切らざるを得ない状況にな…
  • 「悪夢」の安倍・菅政権|増加するコロナ死者数と内閣支持率の急落

    安倍晋三前首相は、国会で自身の政治運営に対する批判が出るたびに旧民主党政権を口汚くののしり、自己の正当化を図ってきた。「悪夢の民主党政権」といったフレーズを、何度聞いたことだろう。たしかに、旧民主党の政権運営は拙かったが…
  • 安倍政治の終焉と「次」への期待

    この人の「言い訳」を信用する国民は、ごく少数でしかないだろう。24日、安倍晋三前首相の政治団体が「桜を見る会」前夜祭費用の差額を補填していた問題で、安倍氏本人が記者会見し、国会で百回以上も不正を否定する虚偽答弁を行ってい…
  • 継承された「言論封殺」

    権力が嫌うのは、昔も今も「言論」。かつて7年8カ月に渡る長期政権を築き、ノーベル平和賞まで受賞した佐藤栄作元首相は、1972年の退陣会見で「偏向的な新聞が大嫌い」と発言。反発した記者たちが揃って退室したため、テレビクルー…
  • 継承された「強権政治」|批判排除で学術会議に人事介入

    日本学術会議の人事を巡って、安倍政治に批判的だった学者の任命を拒んだ菅義偉首相。自民党総裁選で「政策に反対する官僚は異動してもらう」と発言した姿勢そのままに、気に入らなければ官僚だけでなく学者も排除するということだ。 …
  • この程度の国民に、この程度の政治とマスコミ

    つい先ごろまで民意を無視する政権のかじ取り役として「悪代官」のように扱われていたナンバー2の政治家が、あれよという間に最高権力者の座に登り詰めることが確実となった。 安倍晋三首相が突然辞任したことを受けて行われる自…




注目したい記事

  1. 正月気分が抜けきれない1月16日、西日本新聞朝刊に久留米商工会議所会頭本村康氏のインタビュー記事が掲…
  2. 幹部警察官による不当な捜査指揮や情報漏洩に揺れる鹿児島県警察が職員の不祥事の捜査記録の開示請求に「存…
  3. 岸田文雄首相のおひざ元である広島の自民党県連で会長代行を務め、「広島のドン」と呼ばれる中本隆志氏県議…
  4. 警察組織の良心にかけてみようと考えたハンターの記者が愚かだった。 不当な捜査指揮で強制性交事件…
  5. 2022年に事故死したタレント・仲本工事さんの妻が、近く複数の週刊誌に損害賠償を求める裁判を起こす。…
LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る