【速報】鹿児島県警、未成年者への強制性交の疑いで現職警官を逮捕

鹿児島県警は19日、県内の留置管理課に勤務する現職の男性警察官を、未成年者に対する淫行があったとして強制性交の疑いで逮捕した。(※刑法改正によって強制性交が不同意性交等に変更される前の犯行だったため)

逮捕された男は、「俺は警察官だぞ」と名乗り脅した上で行為に及んだとされ、住民の生命財産を守る立場の警察官による卑劣極まりない犯行に県民の非難が集まりそうだ。

2014年からの約10年間で、県警の現職警察官が性犯罪で逮捕されたのは、2020年に霧島署地域課の巡査部長が「児童買春」で摘発されて以来2件目。女性関係の不祥事も頻発しており、組織のゆるみは明らかだ。

鹿児島県警の歪んだ現状を巡っては、犯罪捜査の対象となった警察官の不祥事案を隠蔽したり(既報1既報2)、幹部が不当な捜査指揮を行っていることが判明したり(既報3)と、深刻な腐敗が懸念される状況となっている。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 正月気分が抜けきれない1月16日、西日本新聞朝刊に久留米商工会議所会頭本村康氏のインタビュー記事が掲…
  2. 幹部警察官による不当な捜査指揮や情報漏洩に揺れる鹿児島県警察が職員の不祥事の捜査記録の開示請求に「存…
  3. 岸田文雄首相のおひざ元である広島の自民党県連で会長代行を務め、「広島のドン」と呼ばれる中本隆志氏県議…
  4. 警察組織の良心にかけてみようと考えたハンターの記者が愚かだった。 不当な捜査指揮で強制性交事件…
  5. 2022年に事故死したタレント・仲本工事さんの妻が、近く複数の週刊誌に損害賠償を求める裁判を起こす。…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る