【速報】鹿児島県警、未成年者への強制性交の疑いで現職警官を逮捕

鹿児島県警は19日、県内の留置管理課に勤務する現職の男性警察官を、未成年者に対する淫行があったとして強制性交の疑いで逮捕した。(※刑法改正によって強制性交が不同意性交等に変更される前の犯行だったため)

逮捕された男は、「俺は警察官だぞ」と名乗り脅した上で行為に及んだとされ、住民の生命財産を守る立場の警察官による卑劣極まりない犯行に県民の非難が集まりそうだ。

2014年からの約10年間で、県警の現職警察官が性犯罪で逮捕されたのは、2020年に霧島署地域課の巡査部長が「児童買春」で摘発されて以来2件目。女性関係の不祥事も頻発しており、組織のゆるみは明らかだ。

鹿児島県警の歪んだ現状を巡っては、犯罪捜査の対象となった警察官の不祥事案を隠蔽したり(既報1既報2)、幹部が不当な捜査指揮を行っていることが判明したり(既報3)と、深刻な腐敗が懸念される状況となっている。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

注目したい記事

  1. 各種選挙において、聞こえはいいが実は公選法違反になりかねない「一本化」工作。腐敗した県警組織の問題で…
  2. 7月7日に投開票される東京都知事選。立憲民主党の蓮舫参議院議員が先行して出馬表明したが、現職の小池百…
  3.  鹿児島県警の警察官による「公益通報」が、2件立て続けに表面化した。1件目は井上昌一前刑事部長の不当…
  4.  「県民の信頼を取り戻す」「抜本的な対策を進める」――警察官による違法行為が明るみに出るたび繰り返さ…
  5. 7月7日投開票の東京都知事選。現職の小池百合子知事は5月末にも出馬表明するものとみられていたが見送っ…




LINEの友達追加で、簡単に情報提供を行なっていただけるようになります。

ページ上部へ戻る